国立大学法人 浜松医科大学

教育

Education

ホーム > 教育 > 看護学専攻博士後期課程 > 教育目的・3つのポリシー

教育目的・3つのポリシー

教育目的

倫理観と国際的視野を備え、異分野と融合して看護学分野での新たな価値を創出する教育・研究によって社会に貢献する人材を養成することを目的とする。

アドミッション・ポリシー

本博士後期課程は、看護学分野での新たな価値の創出に貢献できる教育・研究を行う高度専門人材を養成するため、入学時には以下のような資質を備えた学生を求める。

  1. 科学的・論理的思考を備え、看護に関する高度な専門知識や技術を身につけて看護学の発展に寄与する教育者・研究者・看護管理者・看護政策者を目指す人
  2. 自立して独創的な研究を行う能力を身につけ、生涯にわたり学問を探究しようとする人
  3. 高い倫理観と人間性を備え、看護学の分野で指導的役割を果たす意欲を持つ人
  4. 地域への関心のみならず、国際的・学際的視野を持ち、人間の健康と福祉に貢献する意欲を持つ人

カリキュラム・ポリシー

本博士後期課程では、倫理観と国際的視野を備え、異分野と融合して看護学分野での新たな価値を創出する教育・研究によって社会に貢献する人材を養成することを目的とする。このため、次のように教育課程を編成する。

  1. 高度で実践的な研究を自立して行う能力を養うため、研究を戦略的に実施し効果的に成果発表を行うための方法や、異分野と融合し学際的研究を行うための基本的知識を修得する「看護学研究方法論」を共通必修科目とする。
  2. 共通選択科目として、博士課程医学専攻との共通開講科目を履修し自らの専門性に基づきつつ興味関心に応じて関連医学分野の学修を深め、学問的視野を広げる。
  3. 各領域の特講および特別演習では、各自の専門領域における探究すべき課題や研究方法についてさらに理解を深め、各自の課題探究に必要な研究方法を身に付ける。
  4. 特別研究では、共通科目および領域の特講・特別演習での学修を基盤とし、研究活動を展開して学位論文を作成し公表する。

ディプロマ・ポリシー

本博士後期課程では、看護学分野での新たな価値の創出に貢献する教育・研究を行う高度専門人材を養成します。このため、修了時までに以下の力を備えた学生に学位を授与します。

  1. 最新の看護学の知識・技能の習得および向上開発を図り学修を継続する能力
  2. 高い専門性を持ち、リーダーシップを発揮する能力
  3. 専門性と倫理観に基づき、看護学の発展に寄与する研究を遂行できる能力
  4. 異分野と連携し、新しい学際的課題の探究にチャレンジできる能力
  5. 教育・研究活動を通じて地域社会および国際社会の問題を理解し考える能力