国立大学法人 浜松医科大学

入試情報

Entrance Exams

看護学科

 医学部看護学科では、人間の生命、人間としての尊厳を重んじる倫理観と豊かな人間性、科学的知識に裏付けられた看護実践の能力を持つ看護者の育成を目指した教育を行っています。これからの看護を担うことができる以下の人材を求めています。

  1. 看護学を学ぶために必要な基礎学力と応用できる資質を有する人。
  2. 生涯を通して学修する意欲と向上心を有する人。
  3. 他者への思いやりと協調性、倫理観を有する人。
  4. 科学的好奇心が旺盛で、論理的思考能力を有する人。
  5. 社会の情勢に関心を持ち、人々の健康・福祉のために貢献する意欲がある人。

入学者選抜の基本方針

 アドミッション・ポリシーに沿った人材を選抜するために、看護学科では、一般入試、推薦入試、帰国子女入試及び社会人入試を実施しています。また、看護系短期大学・専修学校の卒業者等を対象として3年次編入学試験を実施しています。

  1. 一般入試(前期日程)
    一般入試(前期日程)は、大学入試センター試験、個別学力検査、面接及び調査書により学力や資質を総合的に評価し、合格者を決定します。
  2. 特別入試(推薦入試)
    推薦入試は、大学入試センター試験、小論文、面接、推薦書、志願理由書及び調査書により学力や資質を総合的に評価し、合格者を決定します。
  3. 特別入試(帰国子女入試)
    帰国子女入試は、小論文、面接、成績証明書、推薦書、志願理由書及び調査書に加えて各国の教育制度による国家試験等の統一試験により学力や資質を総合的に評価し、合格者を決定します。
  4. 特別入試(社会人入試)
    社会人入試は、小論文、面接、調査書、推薦書及び志願理由書により学力や資質を総合的に評価し、合格者を決定します。
  5. 第3年次編入学試験
    第3年次編入学試験は、個別学力検査、面接及び成績証明書により学力や資質を総合的に評価し、合格者を決定します。

学入学までに身につけておくべき教科・科目等

 本学科では、高等学校等までの各教科において、看護学を学ぶための基礎的な知識・技能を身につけていることが望まれ、かつ全人的教育を受けるべく素養を身につけていることが不可欠です。その中でも、特に以下の能力を身につけることを望みます。

  1. 国語については、他者の意見や考えを正しく理解し、自らの意見や考えを適切に表現する能力
  2. 地理歴史・公民については、現在の社会情勢を理解でき、良識ある公民として行動する能力
  3. 数学については、基本的事項を理解し、事象を論理的にとらえ、解釈できる能力
  4. 理科については、自然科学の基礎的知識を持ち、事象を科学的に理解する能力
  5. 英語については、積極的に国際社会の人々とコミュニケーションを図ろうとする意識を持ち、相手の考えを正しく理解し、自分の意見を適切に伝えるコミュニケーション能力