浜松医科大学附属図書館

研究支援

ホーム > 研究支援

研究支援

論文掲載料(APC)の割引情報

本学の構成員がオープンアクセス論文を投稿する際、論文掲載料(APC)の割引が適用される出版社の情報を掲載しています。

図書館では取りまとめを行いませんので、不明な点がある場合は出版社にご確認ください。

出版社内容利用方法
Multidisciplinary Digital Publishing Institute (MDPI) 本学ではInstitutional Open Access Program(IOAP)に参加しているため、10%の割引が適用されます。 論文投稿段階での割引の選択について

Predatory journal(いわゆるハゲタカジャーナル)について

特定のジャーナルまたは出版社が、いわゆる「Predatory journal(ハゲタカジャーナル)」あるいは「Predatory publisher(ハゲタカ出版社)」であると判断するのは困難です。
判断するための一例として、下記の情報源などがあります。
論文投稿等にあたっては、掲載されている論文の質や編集委員の顔ぶれ、あるいはどのような査読がなされているか等をご確認の上、投稿者自身が適切にご判断ください。

健全とされるジャーナルを確認するためのツール(いわゆるホワイトリスト)

オープンアクセス学術誌要覧。OA誌の検索が無料でできるデータベースで、採録に当たって審査を経た16,000誌以上(2021.3.12時点)のジャーナルが収録されている。

世界最大級の学術文献データベースWeb of Scienceに収録されている雑誌を検索できる無料ツール。

OAジャーナルのAPCや品質に関する情報提供サイト。著者による評価を集め、数値化する試みが行われている。

Predatory journalを確認するためのチェックツール

学術出版に関わる著名な組織が連携して運営する、信頼できる学術誌への投稿を支援するキャンペーン。COPE (出版倫理委員会)や前述のDOAJ、ISSN International Centre(国際標準逐次刊行物番号国際センター)などが運営に携わる。リストにしたがって投稿先の雑誌の信頼性をチェックすることができる。



【問い合わせ先】

 学術情報課目録情報係

 Mail:lib-moku[at]hama-med.ac.jp([at]を@に置き換え)