利用手続きと料金

施設と設備

利用手続きと料金

利用の流れ
1. 利用者説明会
 年1回8月頃を予定しています。

2. 公募・申し込み
 年2回の定期公募を予定しています。
 平成27年度   第1回 4月上旬~4月下旬
            第2回 8月下旬~9月下旬
 機器共用を希望される方は公募期間中に利用申請書をダウンロードして必要事項を記入、捺印し、質量分析
 イメージング装置共用事務局まで郵送で提出してください。

3. 利用形態
 本事業の利用形態は無償、有償の2つがあります。それぞれ条件がありますので、ご注意ください。

  ・無償利用(成果の公開が原則。終了後成果報告書の提出をお願いします。)

  • トライアルユース・・・企業に属する研究者対象の無償利用。2日まで。
  • 産学連携無償利用・・・大学、独立行政法人等に所属する研究者が、企業に所属する研究者と連携して行う研究課題を対象とする無償利用。2日まで。

  ・有償利用。以下の利用料金がかかります。成果公開と成果非公開の二種類があります。

  • 成果公開・・・課題選定委員会で課題が採択されると利用組織名、課題名、実験責任者を公開します。課題の終了後、成果報告書の提出が必要になります。
  • 成果非公開・・・課題の採択後、利用組織名、課題名の公開を制限できます。また課題終了後成果報告書の提出は必要ありません。

4. 書類審査
  審査された課題は外部審査委員を含む課題選定委員会によって審査の上、採否が決定いたします。

5. 採択決定
  課題が採択されると、利用許可書を送付いたします。利用許可書を受け取ると共用が可能になります。

6. 機器利用
  本施設の技術指導員と研究計画、日程調整等打ち合わせを行い、機器をご利用いただきます。機器をご利用いただいた後は、その都度装置利用報告書を提出していただきます。
  共用いただく機器は以下の通りです。詳細はリンク先をご覧ください。
  i) 島津製作所 iMScopeプロトタイプ
  ii) ブルカーダルトニクス ultraflexII MALDI-TOF、TOF/TOF
  iii) 島津製作所 MALDI-QIT-TOF AXIMA-QIT
  iv) ウォーターズ社 MALDI SYNAPT G2

7. 利用料金

成果公開成果非公開
半日14,000円20,000円
1日28,000円40,000円


 料金はどの機器を利用しても同額です。4時間未満は半日使用、4時間以上は1日使用と計算します。

8. 成果報告
  無償利用および成果公開有償で利用した施設利用者は、利用成果報告書の提出が義務付けられています。実験終了後速やかに提出してください。ただし、特許出願、論文発表等、妥当な理由がある場合は、最長2年間の公開延期が認められますので、その旨御連絡下さい。成果非公開の利用者は研究成果報告の必要はありませんが、今後の参考にしますので、同書類のアンケート部分にお答えいただければ幸いです。
 また本共用事業での成果が学会・論文発表、特許出願・取得、製品化につながった場合は、速やかに報告をお願いします。

9. 注意事項
  i) 利用期間は年度単位で処理されますので、年度をまたぐことはできません。年度末には利用課題の次年度の
    更新手続きをお願いします。
  ii) ヒト由来のサンプルを使用する場合は、本学の倫理審査が必要となりますので、事前にお申し出ください。