国立大学法人 浜松医科大学

研究

Research

ホーム > 研究 > 知財活用推進本部 > 産学官連携制度

産学官連携制度

本学では、日々の教育・研究・診療の中から生まれる多くの研究シーズ、知的財産、ノウハウ、暗黙知等を、本学の大切な財産である「知」と位置づけています。
そのような「知」を、他大学や民間機関等と連携して、カタチにしていく活動を産学官連携活動と考えています。
本サイトでは、本学における産学官連携の各種制度の手続きをまとめてあります。
具体的な産学官連携の手続きはもちろんのこと、それぞれのケースに応じた最適な産学官連携制度のご提案もさせていただきます。
産学官連携にご興味をお持ちいただけましたら、誠心誠意サポートさせていただきますので、お気軽に各担当までご連絡いただければと思います。

共同研究

大学の教員と民間機関等の研究者が、共通の研究課題について共同で研究に取り組むことにより、優れた研究成果が生まれることを促進する制度です。

受託研究

民間機関等から委託を受けた研究課題について大学が研究を実施し、その成果を委託者に報告する制度です。

奨学寄附金

企業や個人から教育研究の奨励を目的とする寄付金を受入れ、学術研究や教育の充実・発展に活用する制度です。

寄附講座等

寄附講座、寄附研究部門(まとめて「寄附講座等」と言います。)は、企業等からの寄付金により、大学における教育研究の豊富化、活性化を図ることを目的として、「寄附講座等」を設置し、運営する制度です。寄附講座等をお考えの場合は、まずは、下記事務窓口までご連絡下さい。

技術相談

企業や技術者からの技術相談を受け付けております。相談内容に適切な教員が対応します。まずは、技術相談申込書を、事務窓口に提出してください。

研究員の受入れ

産学官連携に関連する研究員の受入れについて、主な制度を紹介します。

受託試験等

本学の機器等を有効活用し、教育研究の推進を図ると共に地域の発展に寄与するため、学外者からの依頼に基づき試験、測定及び製作等の業務を実施する制度です。 電話・電子メール等にて、担当までご連絡ください。

透明性ガイドラインに基づく情報公開

本学では、日本製薬工業協会、日本臨床検査薬協会、日本血液製剤協会、日本医療機器産業連合会が策定した透明性ガイドラインの趣旨に賛同し、公開対象となっている情報を各透明性ガイドラインに基づき公開することを承諾しています。