施設案内

ホーム > 病院トップページ > 施設案内 > 輸血・細胞治療部

輸血・細胞治療部

部の責任者と概要

部長 竹下明裕 准教授

部長 竹下明裕 病院教授

浜松医科大学附属病院輸血細胞治療部は病院内の輸血療法の安全性と適正化を目的とした中央診療施設として生まれかわり、臨床に密着した診療の提供をしております。これまでの輸血療法は臨床医の采配に帰属する部分が大きく占めていましたが、医療の細分化と専門性のなかで、臨床医個人が担保できる輸血療法の知識や時間にも限界があります。献血者の皆様から得られた貴重な輸血用製剤を安全に患者さんに提供するには、輸血に関する専門集団が必要とされています。この期待に応えるべく、院内全体の輸血療法をサポートさせていただいております。主たる業務として1)病院内の安全かつ適正な輸血療法の指導2)正確な輸血検査と適正な輸血製剤の管理3)患者さんの輸血に関する様々な相談に対応する輸血相談室の設置4)先進的な造血幹細胞移植や免疫療法のための細胞治療5)血液分画製剤の完全1元管理です。前3者は本院を訪れた患者さんにより安全に輸血を受けていただくだめに必須であり、つねに改善していくべきものと考えております。後2者は先進かつ安全な医療の提供を目指す大学附属病院には欠かせないものといえるでしょう。輸血療法は古くから行われている医療ですが、また日進月歩している分野でもあり、現状に甘んじていれば、たちまち取り残され、不利益も生じてきます。先進医療を取り入れ、臨床医のニーズを踏まえ、患者さんにご理解いただける輸血療法を実践していきたいと考えています。輸血療法に不安や疑問が生じた場合にもご利用いただける開かれた施設をめざしておりますので、よろしくお願いいたします。

主な特徴・特色について

  • 自動輸血検査装置と目視確認を併用した安全で質の高い輸血検査
  • 血液製剤・血漿分画製剤の完全一元管理(血液を原材料とした全ての製品を管理しています)と輸血記録の20年保存
  • 細胞プロッセッシング室(NASAのレベル:100)内での造血幹細胞や免疫担当細胞の清潔かつ安全な分離処理・保管
  • 輸血感染症を防止する自己フィブリン糊の作製・自己血輸血の推進
  • 輸血後感染症に備えた輸血前遡及調査用保存検体の保管
  • 適正な輸血前後感染症検査の指導と実施
  • 検査技師による24時間輸血検査及び製剤供給体制による危険な病棟輸血バックの保存0を達成
  • 臨床医と患者さんに対する積極的な適正輸血のための介入と指導
  • 採血や輸血における患者さんの取り違いを防止
  • 患者さんを対象にした輸血医療に関する説明とコンサルテーション
  • 洗浄血小板やフィブリノーゲン製剤の作製など高度先進医療の提供

業務内容について

業務内容
  • 輸血関連検査:血液型検査、不規則抗体検査、交差適合試験、血液型亜型等特殊検査
  • 輸血管理業務:日赤血液製剤および自己血の保管・供給管理、自己血採血室での採血と診療科での自己血採血の指導と補助、自己血の処理、洗浄血小板、クリオプレシピテート等院内調整製剤の作成、小児の血液製剤分割化
  • 適正な輸血療法の推進:血液製剤の使用量・廃棄量の調査と解析、輸血療法委員会の開催、副作用調査、輸血関連検査結果確認、輸血と輸血前後感染症検査の説明の補助
  • 移植関連:血液幹細胞の処理・保管、細胞表面マーカー測定、抗体価測定

施設認定

  • 日本輸血・細胞治療学会 認定医制度指定施設
  • 日本輸血・細胞治療学会 認定輸血検査技師制度指定施設
  • 日本輸血・細胞治療学会 認定輸血看護師制度指定施設