施設案内

ホーム > 病院トップページ > 施設案内 > 医療安全管理室

医療安全管理室

目的

 管理室は、病院における医療事故の防止及び医療の安全性の向上に関する体制の強化を図り、その実践的活動を行うことを目的とする。

組織

 管理室は、次に掲げる者をもって組織する。

氏名 職名
室長 中島 芳樹 麻酔科蘇生科 科長
副室長 星野 裕信 整形外科 副科長
副室長・GRM 山村 真弓 看護部 看護師長(専従)
GRM 鈴木 明 医療安全管理室 特任講師(専任)
GRM 秋永 智永子 医療安全管理室 特任助教(専任)
GRM 堀 雄史 薬剤部 副薬剤部長(専任)

業務内容

 病院における医療事故の防止及び医療の安全性の向上に関する体制の強化を図り、その実践的活動を行う。

  1. 医療事故及びインシデントの収集・調査・分析に関すること。
  2. 医療事故防止対策の立案及び周知に関すること。
  3. リスクマネージャーとの連絡調整に関すること。
  4. 医療事故防止に係る病院内の巡視・点検・評価に関すること。
  5. 医療事故防止に係る教育・研修・啓発の立案に関すること。
  6. 医療事故防止対策マニュアルの作成に関すること。
  7. 医療事故等に係る診療録等記載の確認,指導に関すること。
  8. 医療事故等に係る対応状況の確認,指導に関すること。
  9. 病院医療安全管理委員会の庶務に関すること。
  10. 医療安全に資する診療の状況の把握及び職員の医療安全の認識の状況の確認に関すること。
  11. その他医療事故の防止・医療の安全性の向上に関すること。

最近の活動について

平成27年度の主な活動実績

・CVC穿刺手技の標準化

・WHO手術安全チェックリストの導入

・中心静脈カテーテル(CVC)挿入時の対策・職員対象の講習会・教育の実施

・本学医学部医学科への授業「医学概論・医療と安全」の実施

 

医療安全講習会

平成28年11月9日に院内講師による医療安全感染対策合同講習会が行われ365名の出席がありました。
   <内容> 1. 抗がん剤曝露って何?点滴がこぼれた時どうする? 2. 動画で学ぶ耐性菌を伝播させないために必要な感染対策

平成28年6月13日に院内講師による医療安全感染対策合同講習会が行われ446名の出席がありました。
   <内容> 1.C型肝炎の撲滅を目指して 2.転倒に対する予防戦略

平成28年2月2日に院内講師による医療安全感染対策合同講習会が行われ417名の出席がありました。
   <内容> 1.特定機能病院におけるインシデント・アクシデント等の報告 2.医療関係者が知っておきたいB型肝炎の話

平成27年12月3日に院内講師による医療安全講習会が行われ358名の出席がありました。
   <内容>1.これだけはやってはいけない不適合輸血 2.検査部からの注意事項 3.医薬品の安全使用のための注意点 4.安全なMR検査実施のために必要な検査依頼時の注意点

       
平成27年9月17日に浜松医科大学法学教授 大磯義一郎先生による医療安全講習会が行われ291名の出席がありました。
   <内容> 医療事故調査制度の実務上の問題点
1 講師の大磯先生 2 講義の様子

平成27年4月9日に名古屋大学医学部附属病院 輸血部教授 松下正先生による医療安全講習会が行われ231名の出席がありました。
   <内容> 抗血栓/抗凝固療法と院内リスク管理

平成26年9月30日、名古屋大学大学院医学系研究科救急・集中治療医学講座准教授髙橋英夫先生ならびに名古屋大学医学部附属病院看護部教育専任師長山口弘子先生をお迎えし、医療安全講演会を開催しました。今回の講演会では、「RRS(ラピッドレスポンスシステム)の考え方と実際」と題し、院内患者さんの変化に早めに気づきチームで取り組んでいく事の大切さについて学びました。RRSを病院全体で導入されている名古屋大学医学部附属病院での経験をまじえ、医師、看護師それぞれの立場からお二人の先生にお話しいただきました。職員を中心に294名の出席があり、有意義な講演会となりました。
1  講師の先生方  2 髙橋先生の講義

3 山口先生の講義 4 講義の様子

平成26年1月29・30・31日に院内講師による医療安全感染対策合同講習会が行われ646名の出席がありました。
   <内容> 1.うまくいった経験から学ぶためのインシデントレポート 2.感染対策Q&A
1  講義の様子Ⅰ  2 講義の様子Ⅱ

平成25年9月10・18・19日に院内講師による医療安全講習会が行われ671名の出席がありました。
   <内容> 急変時のチーム医療
10 院内講師の講演 11 講義の様子

平成25年6月10日に院内講師による医療安全感染対策合同講習会が行われ361名の出席がありました。
   <内容> 1.患者安全の基礎 2.鳥インフルエンザ(H7N9)について 3.感染対策はじめの一歩
1 病院長の挨拶

2 院内講師の講演

3 講義の様子Ⅰ 4 講義の様子Ⅱ

平成25年1月17日に浜松医科大学法学教授 大磯義一郎先生による医療安全講習会が行われ330名の出席がありました。
   <内容> インフォームドコンセントの考え方
3 講師の大磯先生

2 大講義室にて 1 小講義室にて

平成24年11月30日に順天堂大学医学部附属順天堂医院 副病院長 稲田英一先生をお迎えし、医療安全講習会が行われ673名の出席がありました。
   <内容> 危機的出血への対応ガイドラインと今後の方向性

平成24年7月17・19・20日に院内講師による医療安全講習会が行われ669名の出席がありました。
   <内容> 患者さんへの説明のあり方について

平成24年3月6日に北海道大学病院 医療安全管理部副部長 南須原康行先生をお迎えし、医療安全講習会が行われ497名の出席がありました。
   <内容> 1.今必要とされている説明と同意 2.医療事故発生時の適切な初期対応