施設案内

ホーム > 病院トップページ > 施設案内 > 化学療法部(外来化学療法センター)

化学療法部(外来化学療法センター)

部の責任者と概要

部長 山田 康秀 (臨床腫瘍学講座 教授)

山田 康秀


 当院は国の指定するがん診療連携拠点病院です。各診療科と連携し、心疾患、糖尿病などの併存疾患をもつがん患者さんの治療にも対応しております。治療前の臓器機能を中心とした体調を適切に評価し、治療薬の特性に応じた薬物動態等を推測することで、効果を最大化し、リスクを最小化することが可能です。

 昨今は分子標的治療薬が汎用されるようになってきました。その副作用として、従来の抗がん剤で起こる吐き気、下痢、白血球減少などだけではなく、血栓・塞栓症、高血糖、間質性肺炎、腸炎、肝機能障害、自己免疫性疾患類似の病態など多彩なものがみられるようになってきました。そのため、安全に抗がん剤治療を実施し、最大の効果を得るためには、がん治療認定医、がん薬物療法専門医、緩和医療専門医、がん化学療法認定看護師、がん専門薬剤師等に加えて、多彩な副作用に対して最適な対処をすることが可能な各診療科専門医の知識と経験が必要です。当院では、それらのすべてを兼ね備えており、患者さん一人一人に最適な治療と管理を提案することが可能です。標準的な治療がこれ以上ないという診断をされた患者さんに対しても、既存薬の使い方の変更やゲノム診断により効果があると考えられる治療薬(保険適用外)の紹介(近日中に実施可能となる予定)、最適な緩和治療等により、新たな治療法を提案できる可能性があります。

主な特徴・特色について

 従来は入院で行われていました腫瘍に対する化学療法は、その投与方法などの進歩と、患者さんの療養生活の質の向上を目指し、外来通院で実施できるようになりました。そこで、当院では外来での化学療法施行を患者さんが快適に受けていただけるように、外来化学療法センターを設けました。外来化療センターは化学療法部内に設置され、その運営はがんの診療に携わるすべての診療科の医師、専任の看護士、薬剤師により密接な連携をとりながら化学療法を施行しています。

外来化療センターには以下のような利点があります

  1. 数時間にも及ぶ点滴治療を少しでも快適に受けていただくために、点滴用のベッドは完全予約制で、スペースを従来より広くとり、空調設備も整えました。テレビを見ることもできます。
  2. 施設内には専用のトイレと洗面台があります。
  3. 治療前の採血検査は優先的に受けていただき、結果も迅速に出るようになっているため、治療前の待ち時間が短縮されます。
  4. 担当医師の処方せん発行から点滴治療終了まで、化学療法部の専門医師により管理され、より安全な化学療法を患者さんに提供できます。
  5. 専任薬剤師が調剤に当たることで、薬に関する安全性が向上します。
  6. 専任看護師が化学療法中の看護にあたりますので、より快適にそして安全に治療を受けていただけます。しかし、医療保険の規定により新たな料金負担が患者さんに生じます。一回の使用毎に保険自己負担額が1割の方で580円、2割の方で1160円、3割の方で1740円となります。患者さんに化学療法における快適な環境と安全な治療を提供できるように、化学療法センター一同努めております。料金負担額分につきご理解とご同意をよろしくお願いいたします。

施設認定

地域がん診療連携拠点病院
日本臨床腫瘍学会認定施設
日本がん治療認定医機構認定研修施設

センター内;