診療科案内

腎臓内科

科の責任者と概要

診療責任者 安田日出夫 講師


1)患者個々の特性に対応した診療
2)エビデンスに基づいた診療
を基本とした全人的医療を心がけた上で、成熟した腎臓内科の診療を提供しています。
 我々は 専門性の高い慢性腎炎の診断と治療、慢性腎臓病の進行および心血管イベントの防止、急性腎障害、電解質異常、透析患者の合併症の治療などに豊富な経験を持っています。長期的な管理・予後を考えた治療選択、状態が悪くなった際の集中的な全身管理を丁寧に行うことを常に心がけています。
 地域医療に貢献しつつ、新たな診断や治療効果について浜松から全国に発信しております。
 日本内科学会認定医は7名、日本総合内科専門医は6名、日本腎臓学会腎臓専門医は7名、日本透析医学会専門医は6名が資格を有しています。

診断・検査・治療について

 成人の8人に1人は慢性腎臓病を患っているとされています。何も対策をせずにそのままでいると、腎死に至ったり、心筋梗塞等の心血管イベントを患ったりします。その慢性腎臓病は生活習慣病であり、生活習慣の是正と積極的な薬物治療によって治すこともできると考えられるようになってきました。生活習慣の是正といっても具体的にどうすればいいのかわからない方も多いと思いますが、蓄尿の検査をすることで食塩摂取量や蛋白摂取量が具体的にわかります。当科では管理栄養士と連携しながら、具体的な指導を行っています。近年、高血圧、脂質異常症、高尿酸血症などの管理に一層力を入れており、心血管イベントの予防、つまり「生活の質」を保つことを目標に日々の診療を行っています。 また、糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、急速進行性糸球体腎炎、ループス腎炎などに対して積極的に腎生検を行い、治療方針を決定していきます。これらの疾患に対するステロイド剤や免疫抑制剤を用いた免疫抑制療法は県内で有数の治療経験があります。 糖尿病、全身性エリテマトーデスや強皮症などの膠原病で腎症を発症した場合には、各科と連携を取りながら当科で治療を行っています。 末期腎不全に陥った症例には、従来からの血液透析、血液濾過のほか、CAPD(持統携帯腹膜透析法)も行っております。 維持透析は、原則関連の透析病院で行っています。合併症の治療や眼科、耳鼻科、外科など他科での手術の場合、入院中の透析管理を行っています。 電解質(Na、K、Ca)代謝異常、高血圧、急性腎障害の病態の解明と治療にも力を注いでおり、学会報告も多く行っています。特に急性腎障害に対する診断と治療では日本におけるオピニオンリーダーでもあります。


得意とする診断治療

  • 慢性腎炎の診断・治療
  • 全身性疾患に合併する腎疾患の診断・治療
  • 急性腎障害の診断・治療 急性血液浄化療法
  • 電解質代謝異常の診断・治療


主な対象疾患

  1. 急性糸球体腎炎
  2. 慢性糸球体腎炎
  3. ネフローゼ症候群
  4. 急性腎障害
  5. 慢性腎臓病
  6. 糖尿病性腎症
  7. 膠原病
  8. 急速進行性糸球体腎炎
  9. 腎硬化症
  10. 急性間質性腎炎
  11. 慢性間質性腎炎


取り扱っている特定疾患・高度な医療

  • 末梢血幹細胞採取
  • 白血球・顆粒球除去装置
  • 血漿交換用装置
  • 持続緩徐式血液濾過装置

施設認定

  • 日本腎臓学会研修施設
  • 日本透析医学会認定施設
  • 日本内科学会認定医制度教育病院
2013年6月現在