診療科案内

心臓血管外科

科の責任者と概要

診療責任者 椎谷紀彦 教授

診療責任者 椎谷紀彦 教授

 

 心臓血管外科には4名の心臓血管外科専門医(1名は日本胸部外科学会指導医)が在籍しており、あらゆる心臓・血管疾患の治療に取り組んでいます。大動脈疾患では、胸部(上行・弓部・下行大動脈)・胸腹部大動脈から腹部大動脈に至るまで多数例に良好な成果をあげています。さらに低侵襲治療としてステントグラフト治療(血管内治療)にも取り組んでおり、従来の外科手術とステントグラフトのいずれにも偏らない、患者さんに最適な治療法を選択しています。また、従来手術とステントグラフト治療との組み合わせ(ハイブリッド治療)にも積極的に取り組んでいます。虚血性心疾患では、心筋梗塞の結果発生した心不全に対し、冠動脈バイパス術に加えて左室縮小形成術、僧帽弁形成術を付加し、心機能を回復させ遠隔生存率を向上させることに取り組んでおります。弁膜症では、最近増加している大動脈弁狭窄症に対する弁置換術はもちろんのこと、僧帽弁閉鎖不全(逆流)症に対しては良好な生活の質(quality of life)を保証できる弁形成術で成果をあげています。また、未だ普遍化はしていない領域ではありますが、大動脈弁閉鎖不全(逆流)症に対してもquality of lifeを向上する観点から弁形成術に取り組んでおり、特に大動脈疾患に対する手術と同時に施行しています。

診断・検査・治療について

 主として手術日は週3日(火、木、金)ですが、臨時手術には随時対応します。月水金曜日は、心臓カテ-テル検査や外来診療にも従事しています。

〔得意とする診断治療〕

 大動脈瘤手術。特に、ハイリスクのため限られた施設でしか施行されていない、胸腹部大動脈瘤手術や上行・弓部から下行大動脈にいたるような広範囲の大動脈瘤手術。また外科手術とステントグラフトを組み合わせたハイブリッド治療。大動脈弁輪拡張症・閉鎖不全(逆流)症に対する弁温存・形成術。
 心筋梗塞の結果発生した心不全に対する、左室縮小形成・僧帽弁形成術+冠動脈バイパス術。
 僧帽弁閉鎖不全(逆流)症に対する僧帽弁形成術。大動脈弁狭窄症に対する弁置換術。

主な対象疾患

  1. 大動脈疾患【大動脈瘤・大動脈解離】(だいどうみゃくしっかん)
  2. 虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん)
  3. 弁膜症(べんまくしょう)
  4. 先天性心疾患(せんてんせいしんしっかん)

施設認定

  • 日本外科学会外科専門医制度修練施設(指定施設)
  • 3学会構成心臓血管外科専門医認定機構認定修練施設(基幹施設)
  • 関連10学会構成日本ステントグラフト実施基準管理委員会 胸部大動脈瘤ステントグラフト実施施設・腹部大動脈瘤ステントグラフト実施施設
  • 日本脈管学会認定研修指定施設