診療科案内

循環器内科

科の責任者と概要

診療責任者 前川 裕一郎 教授

 循環器内科では、狭心症、急性心筋梗塞などの虚血性心疾患、頻脈および徐脈性不整脈、拡張型および肥大型心筋症などの心筋症、大動脈弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症などの弁膜症、肺動脈性肺高血圧症や慢性肺血栓塞栓性肺高血圧症などの肺高血圧症などのあらゆる循環器疾患を対象に24時間体制で診療にあたっています。当院の冠動脈疾患に対する冠動脈インターベンション、心房細動に対するカテーテルアブレーションや徐脈性不整脈に対するペースメーカー治療、致死的不整脈に対する植え込み型除細動器(ICD)植え込み症例は年々増加しており、地域の中核病院として常に最新の治療を行い、研究および教育機関として得られた最新の知見をもとに質の高い医療を提供しています。今後は、高度先進医療の導入を図り、より多くの難治性心疾患症例の救命および生活の質の改善を図ります。

診断・検査・治療について

 

外来においては、院内・院外を問わず循環器疾患全般にわたって患者紹介を受け付けています。特に、急性心筋梗塞や急性冠症候群など緊急を要する虚血性心疾患に対しては、24時間体制でCCU待機医師が対応をしており、いつでも緊急カテーテル検査およびカテーテル治療が行うことが出来る体制を取っております。不整脈診療については、近隣施設からのコンサルトを積極的に受け付けており、心房細動に対するカテーテルアブレーションをはじめ重症心室性不整脈に対するカテーテルアブレーション、植込み型除細動器(ICD)植え込み、難治性心不全に対する両心室ペーシング治療などを行っております。

難病に指定されている閉塞性肥大型心筋症に対する経皮的中隔心筋焼灼術(PTSMA)や慢性血栓塞栓性肺高血圧症に対するバルーン肺動脈拡張術もカテーテル専門医が行います。

平成29年からは重症大動脈弁狭窄症に対する経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)を開始します。心臓血管外科医、麻酔科医、看護師、臨床工学技師、放射線技師とともに形成する"ハートチーム"によって患者さん、ご家族に満足いただける治療体制を整えております。

得意とする診断治療

  • 急性心筋梗塞に対する再灌流療法(ステント留置術、血栓吸引術、血栓溶解療法)
  • 狭心症に対する経皮的冠動脈形成術(PCI)
  • 冠動脈石灰化病変に対する高速回転アテレクトミー(ロータブレーター)
  • 心房細動に対するカテーテルアブレーション
  • 頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーション
  • 徐脈性不整脈に対するペースメーカー植え込み術
  • 重症心室性不整脈に対する植込み型除細動器植え込み術
  • 植え込み型心電図ループレコーダーによる不整脈診断
  • 難治性心不全に対する両心室ペーシング治療
  • 症候性僧帽弁狭窄症に対する経皮経静脈的僧帽弁交連裂開術(PTMC)
  • 重症大動脈弁狭窄症に対する経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)
  • 薬物療法抵抗性閉塞性肥大型心筋症に対する経皮的中隔心筋焼灼術(PTSMA)
  • 慢性血栓塞栓性肺高血圧症に対するバルーン肺動脈形成術(BPA)
  • 心臓CTによる冠動脈疾患の非侵襲的診断
  • 心臓MRIによる循環器疾患の評価
  • 心臓リハビリテーション

主な対象疾患

  1. 虚血性心疾患(急性心筋梗塞・狭心症)
  2. 不整脈(頻拍性・徐脈性)
  3. 心臓弁膜症
  4. 先天性心疾患
  5. 心筋症
  6. 大動脈疾患
  7. 肺高血圧症
  8. 高血圧症

施設認定

  • 高速回転アテレクトミー(ロータブレーター)
  • 植込み型除細動器(ICD)、着用型自動除細動器(WICD)、皮下植込み型除細動器(SICD)
  • 心臓再同期療法(CRT)
  • 左室補助人工心臓(LVAD)
  • 心臓リハビリテーション
  • 日本内科学会認定医制度教育病院
  • 日本心血管インターベンション学会(CVIT)研修関連施設
  • 日本不整脈学会認定施設