診療科案内

麻酔科蘇生科

科の責任者と概要

診療責任者 中島芳樹 教授

診療責任者  中島 芳樹 教授

 手術室で行われる手術の麻酔、全身管理のほかに、各種検査時の全身麻酔などを行っています。大学病院はより重症な、より危険性の高い患者さんが紹介されてきます。麻酔の専門医が充分な知識・技術とモニターを駆使して、全身管理を行い、手術が安全に行われるよう24時間体制で勤務しています。
 一方で、痛みに悩む患者さんの症状を軽減する目的でペインクリニック診療(痛みセンター)を行っています。 痛みが慢性的に残ってしまった場合、患者さんの健やかな生活を脅かすものとなってしまう事があります。そういった有害な痛みを積極的に取り除く治療を行うのが私達ペインクリニック科医師の仕事です。
  痛みセンターでは、痛みの元になる病気の診断をし、神経の異常興奮伝導の一時的遮断法である神経ブロック法という治療法を中心に治療を行います。癌患者さんの疼痛軽減のための緩和医療も行っています。

診断・検査・治療について

 当ペインクリニック外来においては、認定医資格を持つベテラン医師の指導下に診断・治療が行われ、定期的に行われる症例検討会にて患者さんの現状・治療方針について集団討議しています。検査についても大学病院という特色を生かし、先進高度な画像診断装置・特殊診断装置を用い精度良く行っております。治療は患者さんに十分なインフォームド・コンセントを行った上で、一般的な治療を行うか、又は高度先進的な治療を行うかを決定していきます。
 当科では、帯状疱疹後神経痛や加齢による頸椎症、脊柱管狭窄症、各種関節痛、三叉神経痛、慢性頭痛、偏頭痛、腰下肢痛、癌性疼痛などの治療を行っています。神経ブロック法は必ずしも痛みの治療だけに有効なのではなく、顔面神経麻痺や突発性難聴、手掌顔面多汗、赤面症などの交感神経緊張症の治療、ASO、バージャー病などの末梢循環障害の治療などにも有効です。
  神経ブロック法で最も多く用いられる薬剤は局所麻酔薬です。この薬は数時間作用した後、体の外に完全に排出されます。この短時間作用の局所麻酔薬を用いてブロックを行い悪循環に陥っている疼痛反射路を遮断することによって痛みが軽減します。また、多汗症に対する胸腔鏡下交感神経切除術、難治性腰痛に対するエピドラスコピー、硬膜外電気刺激法も行っています。

〔得意とする診断治療〕

 腰下肢痛、帯状疱疹後神経痛など、難治性の痛みを患っている患者さんが多く通院されています。これらの患者さんは、慢性的な自律神経緊張状態にあり、ますます痛みに対して敏感になっています。外来にあるサーモグラフィーを用いて、末梢皮膚温を測定することにより、自律神経の緊張状態を評価し、自律神経系の治療を含めた総合的な痛みの治療を行っています。

主な対象疾患

  1. 帯状疱疹 (たいじょうほうしん)
    皮膚に赤い’ぶつぶつ’や水ぶくれができとても痛い。中高年~高齢者に多い
  2. 腰痛 (ようつう)
  3. 四十肩・五十肩 (しじゅうかた・ごじゅうかた)
    腕を上げると痛む、肩が痛い
  4. 三叉神経痛 (さんさしんけいつう)
    顔が痛い、歯医者さんで「歯は悪くない」と言われたのに歯が痛い
  5. 眼瞼・顔面痙攣 (がんけん・がんめんけいれん)
    眼の周りや、顔面がぴくぴくと動く、けいれんする
  6. 斜頚 (しゃけい)
    首や顔の一部が傾いた状態のままになる。痛い
  7. 顔面神経麻痺 (がんめんしんけいまひ)
    顔の一部が動かない、顔がゆがんでいる
  8. 多汗症 (たかんしょう)
    手のひらなどから汗が多く出る。若年者~
  9. 下肢血流障害 (かしけつりゅうしょうがい)
    足が痛くて長く歩けない、足がとても冷たい
  10. 花粉症 (かふんしょう)
    星状神経節ブロックにて症状緩和が期待される

施設認定

  • 日本麻酔科学会麻酔指導病院
  • 日本ペインクリニック学会認定病院
  • 日本集中治療医学会専門医研修施設