浜松医科大学医学部附属病院

診療科案内

Speciality Guidance

呼吸器外科

診療責任者 准教授 船井 和仁

診療責任者 准教授 船井 和仁

 現在、国内での死因別死亡率のトップはがん(悪性新生物)で、中でも近年肺がんは急増しており、部位別がん死亡率で男性1位、女性2位となっています。
 われわれ呼吸器外科ではその肺がんの診断、治療を中心に、転移性肺腫瘍や縦隔腫瘍などの腫瘍性病変、自然気胸などの良性疾患や胸部外傷等、幅広い疾患に対応しています。特にわれわれが最も得意とする肺がん治療では手術のみに偏らず、化学療法(抗がん剤治療)や放射線療法も含めたエビデンスに基づいた標準治療(EBM)を行っています(エビデンスとはその治療法が良いとされる根拠のことで、科学的根拠に基づいた治療をEvidence Based Medicine:EBMといいます)。
 また進行期の肺がんに対しては、手術、化学療法、放射線療法を組み合わせた集学的治療や心臓外科と連携した拡大手術も行っています。
 診療責任者の船井医師、助教の川瀬医師ともに、呼吸器外科専門医であると同時にがん治療認定医でもあり、バランスのとれたがん治療を行います。また船井医師はがん薬物療法専門医の資格を取得し、肺がんの外科治療のみでなく薬物療法(抗がん剤治療)にも専門性を生かした治療を行っています。