浜松医科大学医学部附属病院

診療科案内

Speciality Guidance

ホーム > 病院トップページ > 診療科案内 > 肝・胆・膵外科

肝・胆・膵外科

診療責任者 准教授 坂口 孝宣

診療責任者 准教授 坂口 孝宣

 日本肝胆膵外科学会高度技能医制度における指導医1名のもと、日本肝胆膵外科学会高度技能医修練施設Bの認定を取得しております。
 6名の消化器外科専門委を中心に肝臓・胆道・膵臓および副腎の良悪性疾患の診断と治療を行っています。肝細胞癌に対しては切除を治療の基本としていますが、肝機能低下例では機能に見合った治療法(ラジオ波・マイクロ波腫瘍焼灼術、肝動脈塞栓術、化学療法など)を選択して施行しています。大腸癌肝転移には肝切除に加え、再発予防のための化学療法の導入や再発例に対する再肝切除術を積極的に行っています。進行胆道癌(胆嚢癌・胆管癌)や膵癌の治療にはリンパ節郭清を伴う拡大肝葉切除術や膵頭十二指腸切除術、血管合併切除・再建術、術後補助化学療法を取り入れています。
 また肝臓の足側表面にある小さめの肝腫瘍や膵体尾部にある良性・低悪性度腫瘍には平成24年より腹腔鏡下手術を行っております。
 このような癌治療に際して、患者さんの生活の質(QOL)を損なうことなく、癌の根治を目指した治療を心がけて行っております。良性疾患である胆嚢結石症に対しては、腹腔鏡下手術により創通軽減や早期退院を可能にしています。