浜松医科大学医学部附属病院

診療科案内

放射線診断科

科の責任者と概要

診療責任者  阪原晴海教授

sakahara


 放射線診断科では、放射線をはじめとして磁場、超音波などを用いて、専門家の目で先端的な画像診断を行っています。  X線CTは64列装置2台、128列装置1台の計3台を駆使し迅速な検査と読影報告書の作成を心がけています。MRIは3T(テスラ)装置2台、1.5T装置1台を用い精密診断に貢献しています。  核医学検査ではガンマカメラ2台とPET-CT装置1台で脳、心臓、悪性腫瘍を中心とした検査を行っています。エラストグラフィ機能付きの装置を用いた超音波検査は乳がんの診断に威力を発揮しています。血管造影は診断に利用するだけでなく、その技術を侵襲の少ない治療法である血管内治療(インターベンショナルラジオロジー:IVR)に応用しています。  肝細胞癌の塞栓術併用動注化学療法を多く手がけていますが、頭頸部腫瘍に対する動注化学療法、各種内分泌疾患における静脈血サンプリングが当科の特色です。

 放射線診断専門医が放射線部と合わせ8名在籍するほか、さらに各医師はサブスペシャリティとして核医学専門医(3名)、IVR学会専門医(2名)、脳神経血管内治療専門医(2名)、検診マンモグラフィ読影認定医(5名)、PET核医学認定医(4名)、超音波専門医(2名)、乳癌学会認定医(1名)の資格を有しています。

診断・検査・治療について

単純X線検査、X線CT検査、MRI検査、核医学検査、超音波検査、血管造影検査、血管内治療

得意とする診断・治療

●画像診断検査

  ○中枢神経系疾患、頭頸部疾患、肝胆膵疾患、婦人科疾患、乳腺疾患、その他各種悪性腫瘍

●血管内治療

  ○肝腫瘍、頭頸部腫瘍、その他の腫瘍に対する塞栓術、動注化学療法、動注用リザーバ留置

  ○胃静脈瘤、喀血、外傷後など各種の出血に対する塞栓術

  ○内分泌疾患における静脈血サンプリング

主な対象疾患

血管内治療

1. 肝腫瘍

2. 頭頸部腫瘍

3. 各種内分泌疾患(原発性アルドステロン症、クッシング病、膵内分泌腫瘍など)

施設認定

●日本医学放射線学会認定専門医総合修練機関

●日本核医学会認定教育病院

●日本IVR学会認定専門医修練施設