浜松医科大学医学部附属病院

診療科案内

下部消化管外科

科の責任者と概要

竹内 裕也 教授

診療責任者 竹内 裕也 教授

 当科では、下部消化管(小腸、結腸、直腸、肛門)の癌・炎症性疾患を中心に診療にあたっています。特に、大腸癌に対しては、根治性と機能温存を重視した治療の研究,開発に取り組み、手術のみならず診断から内視鏡的治療、 化学療法、緩和医療に至るまでの癌診断および治療の全てを扱っております。
 また近年、増加傾向にある潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患は、消化器内科と連携して診断・治療にあたり、特に保存的治療で症状などが改善されない患者さんに対し患者さんやご家族の方のご意見を尊重して外科治療にあたっております。

診断・検査・治療について

 毎週月曜日が外来診察日で、初診、再診のほかストマケア外来もあります。大腸癌に対しては早期癌では内視鏡的治療や機能温存を目指した縮小手術、最近ではより侵襲の少ない治療を目指し大腸癌や炎症性腸疾患に対し腹腔鏡手術も行っております。進行癌では徹底した拡大手術とともに術前後の化学療法,放射線療法を組み合わせ、個々の患者さんに適した治療法を選択し根治性と術後 (Quality of life;生活の質)の向上を目指しております。またセカンドオピニオン外来のご予約も随時お受けしており、大腸癌や炎症性腸疾患の実際の手術方法や術後のQOLについてご説明し、個々の患者さんに適した治療方針のご相談に応じています。 

〔得意とする診断治療〕

  • 大腸がん、潰瘍性大腸炎、クローン病に対する腹腔鏡補助下手術・小開腹手術

主な対象疾患

  1. 大腸癌(だいちょうがん)
  2. 潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)
  3. クローン病
  4. ベーチェット病
  5. 家族性大腸ポリポージス(かぞくせいだいちょうぽりぽーじす)
  6. 肛門疾患 (こうもんしっかん)

施設認定

  • 日本外科学会認定医制度修練施設
  • 日本外科学会専門医制度修練施設
  • 日本消化器外科学会認定施設
  • 日本消化器病学会認定施設
  • 日本大腸肛門病学会認定施設
  • 日本消化器内視鏡学会認定施設