浜松医科大学医学部附属病院

施設案内

Facility Guide

ホーム > 病院トップページ > 施設案内 > 腫瘍センター > がん登録部門 > がん登録部門からのお知らせ

がん登録部門からのお知らせ

がん登録部門とは?

がん登録部門では主に悪性腫瘍と診断された症例から様々な情報を収集・蓄積し、その後の追跡調査をする部門です。これらのデータから、がんの種類別5年生存率や治療法別の治療成績などを分析し今後のがん治療に役立てることを目的としています。

そのメリットは?

がん登録をする事により都道府県や全国レベルでの施設間比較も可能となり次のようなメリットがあります。

  • 各病院で受けられるがん治療の方法が分かる
  • がん治療を受けるにあたって病院を選ぶ基準になる
  • 病院のがん診療レベルを比較できるため質の向上に役立つ
  • 将来、全国どこの医療機関でも同レベルのがん医療を受けることができるようになる

皆様へのお願い

個人情報保護法のもと、知り得た情報は院内での研究・分析のほか、全国がん登録(旧地域がん登録)への報告のみに使用し、不正に使用することのないことを約束します。また、予後調査の過程で、住民票照会を行うこともあります。 がん登録のご理解・ご協力をお願いいたします。

今後の課題

皆さんへ正しい情報を提供するには、それぞれの医療機関がきちんとしたルールに従って診療記録から必要な情報を正しく登録する必要があり、診療記録を読む知識、解剖学の知識、腫瘍に関する知識や診断名などをコードに変換する「コーディング」などの専門知識はもちろんのこと、統計などの知識も必要となります。当院では診療情報管理士によるがん登録が行われ、今後も実務研修をおこなっていく予定です。