浜松医科大学医学部附属病院

施設案内

薬剤部

部の責任者と概要

部長 川上 純一 教授
Kawakami

 薬剤部は、調剤、医薬品の供給などの薬剤業務ならびに医薬品安全管理を含めたリスク・システム管理を担うことによって、薬物治療の質と安全の向上に寄与し、患者さんや地域の皆さまの健康な生活の確保に努めております。また、感染制御・栄養サポート・糖尿病療養指導・緩和ケアなどのチーム医療に参画するなど、多岐に渡る業務を効率よく実施すると共に、科学的思考に基づいた業務構築やその根拠(エビデンス)づくりにも積極的に取り組んでおります。さらに、将来の医療・薬剤業務を担う学生や若手薬剤師の研修研究の指導にも力を注いでおります。   

主な特徴・特色について

  患者サービスを第一とし、調剤、医薬品の供給・管理、その他の薬事業務を通じて医薬品の安全で合理的な使用を目指しています。

  • 内服薬調剤では、自動錠剤分包機や散剤・水剤監査システムを導入して、医薬品使用の安全確保と調剤業務の効率化を図っています。
  • 注射薬調剤では、注射薬自動払出しシステムを導入して、患者別個別セットを完全実施しています。
  • 薬務管理では、バーコードを用いた医薬品管理システムを運用して、効率的な在庫管理と自動発注を行っています。
  • 薬剤管理指導では、病棟担当薬剤師がきめ細やかな患者対応・服薬説明を行っており、服薬指導用ノートPCを配備して管理指導業務の効率化を実現しています。
  • 医薬品情報管理では、院内ウェブに医薬品情報等を掲載して、最新の医薬品情報を提供しています。
  • 病棟や院内各部門において、チーム医療の一員として薬剤師業務を行っています。


大学院生・社会人大学院生、薬剤師研修生、受託実習生(他大学薬学部生の長期実務実習)などを受入れて、
医療薬学教育・研修の指導を積極的に行っています。

業務内容

中心静脈栄養剤調製

  内服薬・外用薬・注射薬の調剤を中心として、TPN(IVH)・抗がん剤・院内製剤の調製を行っています。院内で必要な医薬品・治験薬等の供給・管理、医薬品情報の提供を行うとともに、薬剤管理指導(病棟活動)、特定薬物治療管理(血中薬物濃度モニタリング)、感染対策、栄養管理、がん化学療法支援、緩和ケア、産褥指導、糖尿病やぜんそく患者への服薬説明などを行っています。

資格認定

  • 日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師(1名)
  • 日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師(1名)
  • 日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師(2名)
  • 日本病院薬剤師会 精神科薬物療法認定薬剤師(1名)
  • 日本病院薬剤師会 妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師(1名)
  • 日本緩和医療薬学会 緩和薬物療法認定薬剤師(1名)
  • 日本糖尿病療養指導士認定機構 糖尿病療養指導士(3名)
  • 日本静脈経腸栄養学会 栄養サポートチーム専門療法士(4名)
  • 日本薬剤師研修センター 認定薬剤師(11名)
  • 日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師(8名)
  • 日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定薬剤師(17名)
  • 日本病院薬剤師会 日病薬認定指導薬剤師(12名)
  • 日本医療薬学会 認定薬剤師(13名)
  • 日本医療薬学会 指導薬剤師(5名)
  • 日本臨床薬理学会 認定薬剤師(5名)
  • 日本臨床薬理学会 認定CRC(1名)
  • 日本臨床薬理学会 指導薬剤師(3名)
  • 日本医療薬学会 薬物療法専門薬剤師(2名)
  • 日本医療薬学会 薬物療法指導薬剤師(1名)
  • 日本臨床化学会 認定臨床化学者(1名)
  • 日本薬剤疫学会 ファーマコビジランス・スペシャリスト(1名)
  • 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団 レギュラトリーサイエンスエキスパート(PV分野)(1名)
  • 薬剤部における学位(博士)輩出実績(2010年~)(10名)
  • 薬剤部在籍 社会人大学院生数(12名)

施設認定

  • 日本医療薬学会 認定薬剤師研修施設
  • 日本医療薬学会 がん専門薬剤師研修施設
  • 日本医療薬学会 薬物療法専門薬剤師研修施設
  • 日本臨床薬理学会 認定薬剤師研修施設
  • 厚生労働省薬剤師養成事業 実務研修生受入施設