国立大学法人 浜松医科大学

教育

Education

ホーム > 教育 > 医学部医学科 > 医学科講座等紹介 > 臨床検査医学講座

臨床検査医学講座

教授 前川 真人

臨床検査は Evidence Based Medicine における客観的な指標として、診療に60-70%の寄与度を持ち、必要不可欠のものです。臨床検査の全般において、その品質の向上と維持に努め、適切かつ信頼性の高いサービスを通して良質で安全な患者診療に貢献する専門医が臨床検査専門医であり、基本領域19学会のうちの一つです。すなわち、臨床検査項目の基礎医学的背景、臨床的意義だけでなく、臨床検査の入り口である検査依頼、検体前処理に関連する因子、患者の生理的変動などの測定前プロセス、日々の精度管理や精度保証などを含めた測定プロセス、標準的な結果を正しく返却する測定後プロセスそれぞれにおいて、検査値に影響する要因についての専門知識を有し、検査結果を適切に解釈して診療に貢献する専門医です。また、医師として科学者として高い生命観と倫理観をもって、国民の診療・健康管理に貢献する意志を持ち、臨床検査の専門家としてチーム医療に参画することができ、後進の教育や研究指導ができる専門医でもあります。我々は、この臨床検査の専門家として、検査部を診療の場として診療に携わるとともに、大学教官として教育と研究に携わっています。