国立大学法人 浜松医科大学

教育

Education

臨床研修プログラム

一般研修目標

(1)臨床検査医学を中心とした幅広い知識を修得し、臨床検査の成績を総合的に評価し、かつ十分に成績を管理し、患者の病態の把握が十分にできるようになるために、検査医学に関する基本的な内容を修得する。
(2)検査室の総合的な管理・運営に関する基本的な手法を修得し、国際的な検査室管理の基本を身につけ、初歩的な研究的視点を育成する。

研修行動目標と研修方法

(1)臨床検査の各領域において臨床医に病態の把握を中心としたコメントを付した報告書を作成できると同時に、病態把握を中心とした臨床医の支援が可能である。
(2)臨床検査医として、医学部卒前教育を始めとした教育に寄与できる。
(3)臨床検査医学の実践を通して、予防医学、健康管理の領域に寄与できる。
(4)臨床検査医学の領域で研究能力を育成し、将来の研究活動ができる。
(5)臨床検査部、ならびに関連した部署の適切な管理運営が可能な能力を身につける。
(6)行政関連、ならびに関連した専門団体が企画・運営する精度管理調査を指導できる能力を身につける。
(7)院内感染対策に寄与できる。

研修目標

初期目標

 1)基本的診療技術を用いて患者の主要な具体的、精神的症候を収集することができる。
 2)それに基づいて検査計画の立案ができる。
 3)検査立案の過程で検体の適切な採取、前処理、保存の指示ができる。
 4)検査の基準範囲、病態識別値、検査値の変動要因についての知識を持つ。
 5)検査データの管理について基本的事項を修得している。

中期目標

 1)検査計画について、臨床医学のあらゆる領域で検査結果の評価に基づいた検査計画の立案ができる。
 2)内部精度管理、外部精度管理の状況に基づいて、また、関連検査項目との関連性から、検査結果を評価する。
 3)検査結果の変動要因を解析し、その変動要因の解明するための検査の立案が可能である。
 4)関連する検査結果の乖離現象を解析し、それを解明するための検査の立案ができる。
 5)特殊検査を含めて、検体の前処理について十分の知識をもち、採取法、保存法を含めて検体の管理ができる。
 6)緊急検査項目については、自分で結果を求め、評価し対処ができる。
 7)臨床生化学の領域では、以下の分野での結果の解析と、評価に役立つ解析の指示ができる。
  血清酵素異常の解析
  血漿蛋白異常の解析
  糖・脂質代謝異常の解析
  内分泌・代謝異常の解析
  臓器別機能検査
 8)臨床血液学の領域では、以下の分野での結果の解析と、評価に役立つ解析の指示ができる。
  血球計測の異常に対する解析
  血液形態学(一部骨髄検査を含む)の検査
  凝固異常に対しての解析
 9)臨床免疫学関連の領域では、以下の分野での結果の解析と、評価に役立つ解析の指示ができる。
  体液性免疫異常の解析
  細胞性免疫異常の解析
  補体系異常の解析
 10)臨床微生物学の領域では、以下の分野での結果の解析と、評価に役立つ解析の指示ができる。
  細菌感染症の検査結果の解析(感受性検査の評価を含む)
  院内感染対策
  ウイルス感染症の検査結果の解析
 11)医療情報学についての基本解析ができる。
 12)基本的な機器分析が可能である。

研修内容

臨床検査医学総論

 内部精度管理および外部精度管理概要
 その手段と実践
 個別データ管理概要
 医療情報概論
 生理的変動
 検査値の変動要因の解析
 試料採取・保存
 検査システム概論
 基準範囲と病態識別値(基準範囲の求め方、病態識別値の考え方)
 採血時の問題点、血液の前処理、抗凝固剤の選択
 個別データ管理リストの点検

臨床生化学関連領域

 診断的臨床酵素学概要
 血漿蛋白異常の解析
 糖・脂質代謝異常の解析
 臓器別機能検査
 内分泌代謝異常の解析

臨床血液関連領域

 凝固異常の解析
 血球計測・機器分析概論
 血液形態学

臨床免疫学関連領域

 細胞性免疫異常
 体液性免疫異常
 補体系の異常

臨床微生物学

 細菌感染症の検査
 ウイルス感染症の検査
 その他の感染症
 試料採取・保存
 院内感染対策

医療情報関連

 医療情報概論

機器分析法関連

 機器分析法概論

緊急検査

 血液ガス分析装置(取り扱いと分析精密度の確認、管理試料による日差再現性の確認)
 簡易血球計測装置(取り扱いと分析精密度の確認、再現性の概念と許容誤差の考え方)
 簡易生化学分析装置(取り扱いと分析精密度の確認)
 輸血検査(血液型検査、不規則抗体の検査、交差適合試験)

遺伝子検査学

 遺伝子検査の基礎技術
 精度管理、精度保証
 遺伝子検査室の運営
 遺伝子診断
 遺伝カウンセリング