国立大学法人 浜松医科大学

入試情報メニュー

ホーム > 大学トップページ > 入試情報 > アドミッションポリシー > 大学院医学系研究科修士課程(看護学専攻)

大学院医学系研究科修士課程(看護学専攻)

 豊かな学識と優れた技能を有し、社会の要請に応え得る、高度な専門性と実践能力を備えた看護のプロフェッショナルを育成するために、以下の人材を求めています。

●求める学生像

  1. 科学的・論理的思考ができ、更に視野を広げたい人
  2. 新たな課題を自ら求め、創造的・先駆的研究を行う意欲を持つ人
  3. 倫理観と人間性をより深め、指導的役割を果たす意欲を持つ人
  4. 人類の健康と福祉に貢献し、国際的に活躍を目指す人

    (助産師養成コース)
  1. 生命の誕生に、責任を持って真摯に向き合える誠実な人
  2. 看護学を基盤とした倫理観を持ち、人間性をより深めるための探究心を持っている人
  3. コミュニケーションを大切にし、思いやりを持って人々と関われる人
  4. 広い視野で現代社会をとらえ、柔軟な発想で母子保健を取り巻くさまざまな課題に興味を持っている人
  5. 自ら学ぶことができる人
  6. 高度なケアを提供できる実践者、指導的な役割を担う教育者・研究者を目指している人

●入学者選抜の基本方針
  「求める学生像」に沿った人材を選抜するために、一般入試に加え、看護関連業務の実務経験を有する社会人を積極的に受け入れるために、社会人入試を実施しています。
 一般入試は、志望する募集区分の専門科目の学力検査、口述試験、成績証明書及び研究志望調書により学力や資質を総合的に評価し、合格者を決定します。
 社会人入試は、小論文、口述試験、成績証明書及び研究志望調書により学力や資質を総合的に評価し、合格者を決定します。