国立大学法人 浜松医科大学

大学紹介

University Introduction

内藤 隆文

氏名(日本語表記) 内藤 隆文
氏名(英語表記) NAITO, TAKAFUMI
氏名(フリガナ) ナイトウ タカフミ
性別
生年
所属講座(学科目) 薬剤部
職名 特任准教授
e-mail  
学歴 1997.3 静岡県立大学薬学部 卒業
1999.3 静岡県立大学大学院薬学研究科博士前期課程 修了
学位 博士(薬学)静岡県立大学
職歴 1999.4 大分医科大学医学部附属病院 薬剤師
2002.4 大分医科大学医学部附属病院 薬剤主任
2003.6 浜松医科大学医学部附属病院 薬剤主任
2011.3 浜松医科大学医学部附属病院 副薬剤部長
2018.1 現職
専門分野 医療薬学(Pharmaceutical healthcare science),
臨床薬理学(Clinical pharmacology), 薬物動態学(Pharmacokinetics)
研究テーマ 医薬品の体内動態の解析と副作用・相互作用の予測, 生体試料中薬物濃度の高感度測定法の開発, 感染症治療・がん化学療法・緩和ケア等に関する臨床薬物動態・臨床薬理
研究業績 Simple and rapid LC-MS/MS method for the absolute determination of cetuximab in human serum using an immobilized trypsin. J Pharm Biomed Anal 146: 266-272, 2017
Relationships between oxycodone pharmacokinetics, central symptoms, and serum interleukin-6 in cachectic cancer patients. Eur J Clin Pharmacol 72: 1463-1470, 2016
ABCB1 genetic variant and its associated tacrolimus pharmacokinetics affect renal function in patients with rheumatoid arthritis. Clin Chim Acta 445: 79-84, 2015
Plasma exposure of free linezolid and its ratio to MIC varies in critically ill patients. Int J Antimicrob Agents 42: 329-334, 2013
Validated method using liquid chromatography-electrospray ionization tandem mass spectrometry for the determination of contamination of the exterior surface of vials containing platinum anticancer drugs. Talanta 85: 1614-1620, 2011
社会活動
所属学会・学会活動

日本薬学会(評議員), 日本医療薬学会(評議員), 日本臨床薬理学会(評議員),

米国臨床薬理学会, 日本TDM学会(TDMガイドライン策定委員会委員), 国際TDM学会

担当授業科目
その他特記事項

日本医療薬学会指導薬剤師・薬物療法指導薬剤師, 日本臨床薬理学会指導薬剤師,

日本薬剤師研修センター実務実習認定指導薬剤師, 日本病院薬剤師会認定指導薬剤師