大型装置の利用について


浜松医科大学は、イメージング技術を用いた基礎研究・臨床研究が盛んに行われており、様々なイメージング装置・機器が整備されています。
 学学連携・産学連携による研究開発に広く利用してもらえるように、下記イメージング装置の外部利用(時間貸し)をはじめました。利用経験や専門知識のない方も安心してご利用いただけるように、撮影をお手伝いする技術者を配置しております。是非ご利用下さい。

非臨床研究用のイメージング装置

PET/SPECT/CT装置

SPECT
  • GMI社 FX System  (サイクロトロン棟)
    PETSPECTCTが同じ装置に搭載されており、動物を移動させることなく、各モダリティでの画像撮影が可能です。また、各モダリティの画像をフュージョン画像として表示可能です。

     ・視野:直径/10cm奥行/10cm
     ・空間分解能:PET/1.6mmSPECT/0.5mmCT/50μm


    画像
      [サンプル画像]
       左:ウサギの心筋血流T画像/(99m)Tc-MIBI SPECT
       右:マーモセットの脳局所FDG分布/PET-CT

       左下:マウス全身CT画像
       右下:マウス腫瘍イメージング/(125I)SPECT-CT

    画像








16ch XCT装置

  • GE社 Bright Speed Elite SD&color(black){/臨床機} (医用動物資源支援部
    CT

    50cm10秒の超ハイピッチへリカルと、CViR搭載による高画質を実現した16MDCT(Multi Detector-row CT)です。高性能ワークステーション及び3Dアプリケーションを搭載しており、3D画像の作成、各種分析を迅速に行うことができます。

    ・速度:最短0.8/回転
    ・出力:最大260mA(120kV)
    ・スキャンスライス厚(mm)0.6251.252.55.7510


    [サンプル画像] 左下:タイ、 右下:マイクロミニブタ

    画像



3T MRI装置

  • GE社 Signa HDxt 3.0T/臨床機 (医用動物資源支援部)
    画像
    Tの磁場強度により高画質画像を得ることが可能です。小動物用(ラット、マウス)の専用コイルも整備しており、小動物から霊長類まで撮影が可能です。

    ・静磁場均一性:0.25ppm(40cmDSV)
    ・最大傾斜磁場速度:50mT/mスリューレート(SR)150


    画像


    [サンプル画像]
     左:ウサギ心臓の血行動態解析/MRI
     右:カニクイザルの脳血管MRA/MRA 2 slab

    図





   左下:みかん(垂直断面)、  右下:プチトマト(垂直断面・水平断面)

図





 


臨床研究用のイメージング装置

PET/CT装置

  • 図
    SIEMENS社 TruePoint16Biograph16 (PET-CT棟)
    16スライスCTSOMA TOM Emotion 16」と、高感度かつ高分解能LSO-HiRez検出による優れたPET性能とを組み合わせた装置です。腫瘍PETCT検査、脳神経領域ならびに循環器領域において臨床から研究まで幅広く対応可能です。



    ・PET分解能:断面方向4.2mmFWHM@1cm
            体軸方向4.7mmFWHM@1cm
    CTスキャンスライス厚(mm)0.6、0.75、1.0、1.5、2、3、4、5、6、8、10


利用料金


各イメージング装置は、1時間単位で借りることができます。

外部利用者を含む共同研究の場合(料金加算の原則)
例:PET/CTの利用の場合

  • 浜松医大と学外研究機関(アカデミア) → 学外研究機関料金:74,600円/時間
  • 浜松医大と企業 → 企業料金:100,500円/時間
  • 学外研究機関(アカデミア)と企業 → 企業料金:100,500円/時間
  • 浜松医大と学外研究機関(アカデミア)と企業 → 企業料金:100,500円/時間


※JST地域産学官共同研究拠点整備事業により拠点に導入されたPET/CTの拠点メンバー料金について
拠点外のメンバー(拠点の提案機関に属さないメンバー)が主たる利用者である場合には、学外研究機関(アカデミア)と企業いずれについても、上記利用料金に20%の管理経費を加算する。なお、共同研究体に提案機関に属するメンバーが含まれる場合は、拠点メンバーの料金とする。

  • 拠点外の研究機関(アカデミア):89,520円/時間
  • 拠点外の企業:120,600円/時間

(注1)「拠点」とは、JST地域産学官共同研究拠点整備事業『はままつ次世代光・健康医療産業創出拠点』を意味する。

(注2)「提案機関に属するメンバー」とは、静岡県、浜松市、(財)浜松地域テクノポリス推進機構、浜松商工会議所、光産業創成大学院大学、静岡大学、浜松医科大学の7機関を意味する。(静岡県立の大学、工業技術支援センターなどは静岡県に含まれる)

利用申請の手続き


各種イメージング装置の利用に際しては、利用申請者が希望するイメージング画像の撮像が可能かどうか、共同利用の目的に合っているか等について、産学官連携推進部長による審査を行います。
なお、各装置の時間貸しにより得られた研究成果および知的財産権については、本学と利用者との間で研究成果の帰属に関する契約等がない限り、原則として利用者に帰属します。

手続きの流れ

図



※実験用動物だけでなく、家畜や水産物、農作物等の撮影にも対応します。お気軽にご相談ください。

各装置の操作、撮影、画像処理は、浜松医科大学の技術者が行います。  そのため、イメージング装置の利用経験がない方も安心してご利用いただけます。これは撮像できるか?などのご質問も含めて、先ずはお気軽にご相談下さい。

利用申請のための書類

書類提出先&お問合せ先

図

  〒431-3192
  静岡県浜松市東区半田山1-20-1
  国立大学法人 浜松医科大学

  • 産学官連携推進部
    Tel/Fax:053-435-2438
    E-mail:collabo@hama-med.ac.jp

  • 知財活用推進本部
    Tel:053-435-2230





パンフレット&案内チラシ

本サイトに掲載されている画像等の無断転載はご遠慮下さい。
All Rights Reserved. Please do not reproduce without prior permission.