学生の教育研究環境

学習

1年次のカリキュラムの履修につきましては、主に講義室である「連合大学院講義室」を使用して講義を行っていきます。

2年次以降に始まる演習科目については、各校へ赴き、実習をしていきます。

連合大学院講義室 教育環境

講義室の様子

連合大学院講義室

講義室内覧

連合大学院講義室

院生共有PC

連合大学院講義室

TV会議システムの様子

講義室概要

場  所

臨床研究棟2階 ※詳しい場所はこちらを参照 ⇒ 講義室へのアクセス

使用方法

会議や講義等が入っていない時は、院生室として院生共有PCを使用できます。

教育環境

院生共有PC4台設置。
○統計解析ソフトSTATAを利用できます。(疫学統計学で使用)

○授業を受講できなかった場合、WEB上学習システム・CLE等をご利用できます。

導入科目(1年次履修)

サンプル画像

CLEサンプル画面

1年次に履修されます導入科目につきましては、213セミナー室のTV会議システムを使用して各校と合同で講義を行っていきます。

浜松校で開催される科目に関しては直接大学に通い対面で、他校で開催される科目に関しましては、TV会議システムを使用して授業を進めていきます。

又、受講できなかった場合でも、WEB上の学習システム・CLEにて自宅でも教材が視聴でき、学習が可能となっております。

●浜松校開催科目:疫学統計学(1学期)、児童精神医学(2学期)

演習科目(2年次履修)

2年次に履修されます演習科目につきましては、演習担当校へ直接赴き、実際の現場で実習を進めていきます。

※演習科目につきましては3年次でも履修が可能です。

疫学統計学演習 [浜松校開催科目]

STATAサンプル画面

STATAサンプル画面

実際のデータを用いて課題に取り組み、学生同士での討論を含め、ゴールに至る道筋についての検討を行っていきます。

各自に1台ずつコンピュータおよびソフトウェアを用意し、テキストに沿って実地のトレーニングが進められるよう配慮し、ソフトウェアには、スプレッドシートとしてMicrosoft Excel、統計解析には汎用ソフトウェアSTATA version 13を用いて解析を行っていきます。

画像生物学演習 [浜松校開催科目]

サンプル画像

演習の様子

分子イメージング法(PET、MRI等)による画像が得られるまでのコンピュータ処理の概略を学び、さらに実際に臨床研究で使われる画像データを用いて、自ら画像データの処理・解析を演習にて学習します。

演習の後半には、浜松市内にありますPET診断センターにてPET診断学を学んでいきます。

ホームへ戻る