ホーム > 大学トップページ > 教育 > 医学部医学科 > 医学科講座等紹介 > 臨床腫瘍学講座 > がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン

がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン

がん医療の目覚ましい進歩とともに、薬物療法や放射線治療など横断的ながん治療を専門とする医療人(プロフェッショナル)の人材不足が大きな社会問題になっています。また、新しいがん治療法や新薬を開発するためには臨床試験や治験(医薬品の承認を目的とする臨床試験)を行う研究者が必要です。こうしたがんのプロフェッショナルや研究者の人材育成の支援を目的として、平成24年度から文科省事業「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」が始まりました。これは、平成 19年度から5年間にわたって行われた「がんプロフェッショナル養成プラン」を発展させたものです。全国で15の取り組みが行われており、そのうち東海地域では名古屋大学、浜松医大、岐阜大、名古屋市立大、愛知医大、藤田保健衛生大、名城大(薬学部)の7大学が共同で「東海がんプロ」として取り組んでいます。がんのプロフェッショナルや研究者を目指す医師、看護師、薬剤師などメディカルスタッフの教育を目的として、各大学のそれぞれの特色を生かしたコースが設けられています。

大学院授業内容

臨床腫瘍医学コース

 〔養成する専門分野〕
     がん薬物療法医、がん手術療法医、がん緩和療法医、放射線療法医、がん専門薬剤師
 〔履修対象者〕      医学系研究科医学専攻大学院生
 〔修業年限(期間)〕   4 年
 〔養成する人材及び教育内容 
  臓器横断的にがんを過不足なく診療でき、国際的な視野でがんの標準療法・先端医療ができる熱意のある医師、およびがんに関する基礎医学・薬剤学・創薬の研究能力を持ち、臨床研究を立案評価できる医療者を養成します。集学的がん治療・緩和医療の修得により全人的ながん医療を担うことができ、学位や専門医の取得のみならず国際的にも視野の広い医師を養成します。同時に、光技術の応用などによる先端医療の教育により、がんの基礎研究と高度な医療開発、創薬が可能な医療者を養成します。

分子腫瘍医学コース

 〔養成する専門分野 
     がん薬物療法医、がん手術療法医、放射線療法医、がん専門薬剤師
 〔履修対象者〕      医学系研究科医学専攻大学院生
 〔履修年限(期間)〕    4 年
 〔養成する人材及び教育内容〕
  がんに関する基礎的・応用的研究能力を持ち、先端的な治療法・診断法が開発できる人材、また薬剤学・創薬に関する研究ができ、国際的な臨床試験を立案・実施できる人材を養成します。がんの分子・蛋白レベルの基礎研究からその応用までを広く学ぶことができ、また光先端医学の応用による新たな診断法の研究、創薬の研究ができます。

臨床腫瘍学実践コース(インテンシブコース)

  〔養成する専門分野〕    がん薬物療法医、がん手術療法医、放射線療法医、緩和医療者、がん専門薬剤師
 〔修業年限(期間)〕     1ヶ月単位で2年間まで選択可能
 〔履修対象者〕        院内外の各診療科から推薦を受けた者、公募に応募し当大学院が適切と判断した者
 〔養成する人材及び教育内容〕
  がんの標準療法が実践できるとともに、サブスペシャリティを活かしつつがん療法全般のマネージメントができる医師、地域においてがんを臓器横断的に診療できる医師、臨床開発試験を理解し連携できる医師、抗がん薬に習熟した薬剤師を養成します。キャンサーボードやセミナーへの参加により、幅広いがん診療の修練と先端的臨床腫瘍学を学ぶことができるとともに、治験・臨床試験への参加が容易になる。また画像診断の修練が可能となり、がんの早期発見・予防に寄与できます。さらに地域のがんセンター・がん拠点病院との連携による教育を受けることができます。

Aコース(セミナーコース)

  「東海がんプロ」が主催する「東海オンコロジーセミナー」全32講義のうち、1講義を1点として、24点以上を聴講する。聴講はセミナーへの出席、または、後日HPに掲載されるeラーニングの視聴による。ただし、東海オンコロジーセミナー(年4回名古屋にて開催予定)、静岡がん治療フォーラム(年2回浜松にて開催予定)、または「東海がんプロ」が主催するセミナー・講演会に1回以上出席を含むこととする。
  また、オンコロジーセミナー出席の場合は1回につき8点、がん治療フォーラム出席の場合は1回につき6点とする。
 上記要件を満たし、かつ所定の手続きを行った者に臨床腫瘍学実践コースAコース修了証を発行する。

   〔履修科目等〕    ・東海オンコロジーセミナー
                 ・静岡がん治療フォーラム
                 ・東海がんプロ主催の指定されたセミナー・講演会
                 ・eラーニング

     PDF臨床腫瘍学実践Aコース(インテンシブ)申込書 (110.9KB)

  Bコース(アドバンスコース)

 1. 履修科目については、先端医学特論 I(2単位)、先端医学特論 III(2単位)、医療倫理学(2単位)、
   遺伝子医療と再生医療(2単位)、臨床腫瘍学セミナーB(6単位)、臨床腫瘍学実習(8単位)及び腫瘍学(2単位)
   とする。 このうち8単位以上を履修することとする。

 2. 担当教員と実地訓練の担当者による指導を受けたうえで、経験症例等を取りまとめたレポート
   (患者一覧(がん種、治療)10例以上)を提出する。

 ※ 「東海オンコロジーセミナー」出席 1 回を 4 例、静岡がん治療フォーラム出席を 3 例相当とし、最大 6 例を
   セミナー出席に振替可能とする。(最低 4 例を提出)

  上記1. 2. を満たし、かつ所定の手続きを行った者に臨床腫瘍学実践コースBコース修了証を発行する。

   〔履修科目等〕
    1. 先端医学特論 I (2単位)、先端医学特論 III (2単位)、医療倫理学(2単位)
      遺伝子医療と再生医療(2単位)、臨床腫瘍学セミナーB(6単位)、
      臨床腫瘍学実習(8単位)及び腫瘍学(2単位)
    2. 外来化学療法センターおよび附属病院入院患者の実地診療、eラーニングによる講義、
      院内で開催される講義、多職種カンファレンスへの参加など。

     PDF臨床腫瘍学実践Bコース(インテンシブ)受入依頼書 (195.0KB)
     PDF臨床腫瘍学実践コース(インテンシブ)患者一覧 (107.8KB) 

リンク

   東海がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン