概要/研究内容

このサイトは瀬藤研究室の公式ホームページです。内容についてのご意見・ご要望は瀬藤光利までお願い致します。 当研究室は、「人々を病気の苦しみから救い、健康長寿を目指す」という使命のもと、「若返り」に関連する研究を行っています。

研究室の目指すところ

自分たちが元気で幸せに暮らすにはどうしたらいいかを真剣に研究しています。

方法

私達はまだ原始時代に生きています。
残念ながら全員が年をとって病気や事故で死にます。だいたい三分の一が癌で、三分の一が血管障害で、のこり三分の一が肺炎などの感染症その他で亡くなります。
年を取った状態と若い状態と何が違うのでしょうか。私たちは顕微鏡などを使って調べています。さらに、見つかった違いを元にもどす操作法を開発しています。

現在の主な研究内容は以下の通りです。

  1. 新観察技術開発 特に 分子レベルの違いを見分ける分子イメージング
  2. 新操作技術開発 特に 光で脂質を操作するオプトリピドミクス
最近の論文
  1. Sugiyama E, Masaki N, Matsushita S, Setou M.
    Ammonium sulfate improves detection of hydrophilic quaternary ammonium compounds through decreased ion suppression in matrix-assisted laser desorption/ionization imaging mass spectrometry.
    Anal Chem. 2015 Nov 17;87(22):11176-81. doi: 10.1021/acs.analchem.5b02672.Epub 2015 Nov 6.
  2. Masaki N, Ishizaki I, Hayasaka T, Fisher GL, Sanada N, Yokota H, Setou M.
    Three-Dimensional Image of Cleavage Bodies in Nuclei Is Configured Using Gas Cluster Ion Beam with Time-of-Flight Secondary Ion Mass Spectrometry.
    Sci Rep. 2015 May 11;5:10000. doi: 10.1038/srep10000.
  3. Arima H, Omura T, Hayasaka T, Masaki N, Hanada M, Xu D, Banno T, Kobayashi K, Takeuchi H,Kadomatsu K, Matsushita Y, Setou M.
    Reductions of docosahexaenoic acid-containing phosphatidylcholine levels in the anterior horn of an ALS mouse model.
    Neuroscience. 2015 Jun 25;297:127-136.doi:10.1016/j.neuroscience.2015.03.060. Epub 2015 Apr 2.
  4. Konishi Y, Setou M.
    Tubulin tyrosination navigates the kinesin-1 motor domain to axons.
    Nat Neurosci. 2009 May;12(5):559-67. Epub 2009 Apr 19.
  5. Yao I, Takagi H, Ageta H, Kahyo T, Sato S, Hatanaka K, Fukuda Y, Chiba T, Morone N, Yuasa S, Inokuchi K, Ohtsuka T, MacGregor GR, Tanaka K, Setou M.
    SCRAPPER-dependent ubiquitination of active zone protein RIM1 regulates synaptic vesicle release.
    Cell. 2007 Sep 7;130(5):943-57.
国立大学法人 浜松医科大学
〒431-3192 静岡県浜松市東区半田山1丁目20番1号 TEL(代表)053-435-2111