index > 図書館 > 静岡県医療機関図書室連絡会 > 沿革と概要

静岡県医療機関図書室連絡会

静岡県医療機関図書室連絡会の沿革と概要

Ⅰ.設立に至るまで

静岡県医療機関図書室連絡会(以下「連絡会」という)設立は昭和55 年11月に浜松医科大学の呼びかけで浜松市内5機関の病院図書室の参加で集まった「県西部医療機関図書館(館)懇談会」の始まりによる。その後試行錯誤を 重ねながら、参加機関は県西部から静岡県全体に広がり、昭和62年11月に14機関の病院図書室と大学図書館の加盟機関で組織される「静岡県医療機関図書 室連絡会」が正式に発足した。大学図書館と地域病院のネットワーク形成という新しい体制で相互協力と研修を中心に活動が行われるようになった。加盟機関も 増加し、平成16年には会則が改正され会費を徴収することになった。
平成20年3月現在では、加盟館37機関(大学図書館3、医師会1、病院図書館(室)31)である。

Ⅱ.活動内容

事務局を浜松医科大学に置き、定例会を年1回、春の研修会と併せて開催している。研修会は年2回(春、秋)行い、春は会場を浜松医科大学で、秋は県中部・ 東部の病院中心に行っている。研修内容は実務に即した相互利用の方法やパソコンを使ってのデータベース文献検索実習、EBMや電子ジャーナルなどその時に 話題になっているテーマ等、多岐に渡っている。企画の多くは幹事や会員からのものだが、その下地になっているのは連絡会とは別にある2つの県内病院図書室 勉強会(浜松地区、県中東部地区)の病院図書館(室)担当者の自主的な活動によるものである。相互利用ついては、1998年まで連絡会雑誌目録を隔年刊行 し、相互利用の有効なツール資料として使われていたが、現在では東海地区(静岡、愛知、三重、岐阜)の大学図書館と病院図書室の構成による東海目録に統合 し、利用の範囲が広がっている。

浜松医科大学附属図書館における連絡会加盟館との文献複写の受付け件数は、全体の文献複写件数の約2割近くを占めている。
2000年から連絡会加盟機関の所属職員(医師等メディカルスタッフ)には、浜松医科大学附属図書館特別利用制度(24時間開館)が利用できるようになり地域の医療従事者へのサービスとして便宜が図られている。
また連絡会機関誌「ぶっくとらっく」を年2回発行しており、連絡会の定例会・研修会の活動報告、県内病院図書室勉強会の報告、他機関主催の研修報告などの ほか、調査研究、事例報告などが掲載されている。さらに連絡会のメーリングリストでは所蔵照会や活発など情報交換の場として利用されている。