index > 図書館 > 図書館報「ひくまの」 > No.33

図書館

図書館報「ひくまの」

No.33

浜松医科大学附属図書館報  No.33       ISSN 0911-7822 Hikumano

ひくまの
Hamamatsu University School of Medicine

Library Bulletin         Oct.,1997
目 次
  • 図書館の夢(村上 彰)
  • 英・仏の大学病院を訪ねて(望月 茂代)
  • シリーズ・二次資料の使い方:インターネットMEDLINE(情報サービス係)
  • 図書館からのお知らせ
    • 平成9年度シラバス(教育要項)掲載図書のお知らせ
    • 平成8年度図書館閲覧統計
    • 平成4年度-平成8年度利用統計
    • 図書館所蔵CD-ROMのお知らせ
    • 平成8年度受入視聴覚資料のお知らせ
    • 東海地区大学図書館協議会総会・研究集会を開催
    • 人事異動
図書館の夢
図書館長 村 上  彰
 本年の3月まで、私はもっぱら利用者として図書館のお世話になり、多くの夢も見させていただいた。しかし、4月からは及ばずながらもお世話をする立場の人間にもなった。そこで、新人に相応しくささやかながらも図書館の夢について語ろうと考えた。図書館の夢と言っても、いろいろな意味の夢がある。まずは、自己紹介のつもりで、利用者としての私が図書館で 見た夢の話をする。
私にとって、図書館は専門分野の学術論文を検索し、それを斜め読みし、コピーをとるお定まりの場ではあったが、時には異次元の世界を訪れる入口でもあった。その世界では時間と空間を越えた出会いがあり、予想もしない人と突然話し合いが始る場所でもあった。例えば、ある日、図書館の書庫の中で何気なく取り上げて開いたアリストテレス全集の一頁に、ものごとには幾つかの原因があると書かれた文章に目が留まり、それを読み、深い感銘を受けたことがある。哲学の授業や教科書では、アリストテレスが事物には4つの原因があると言ったということを教えられ、知識としては知っていた。しかし、彼の考えていたことがこれほど具体的に語りかけてくれるものとは思いもかけないことであった。そして、それが現在の生理学の知識に照らしてみると、彼の体験を、つまり彼の感覚神経から大脳の神経回路の中でどのような特徴抽出ニューロンがどのようなレベルの情報処理を行なっていたのかを、何と生き生きと伝えてくれるものかと驚かされたのである。例えば、そこに「家」があるためには、家を構成している建材があり、家と呼べる形をしており、その家を建てた建築家がいて、そして人の棲み家であるという建築の目的があって、そこに家が存在しているとアリストテレスが言った時、彼の視神経から送られてくるどのような情報の特徴を彼のニューロン群は抽出し、どのような統合作用によって実際の家を見、家と判断していたのかを語ってくれているのである。たとえ、彼の頭の中に作られた家なる形が、私の想像できないような物であったとしても。そして、私は、宇宙ステーションの居住モジュールを見せて、アリストテレスに、「これは家ですか」と尋ねることさえできると思い付いて、胸をときめかせたものである。
この経験は、私の問いかけに時代を越えてアリストテレスが返事をしてくれることを教えてくれる。生物学を学ぶものにとって、アリストテレスは、アリストテレスの提灯(ウニの口にある妙な形の40の骨と60の筋肉の塊で、餌をガリガリと齧る咀嚼器)で知られるばかりでなく、生物を初めて体系的に取り扱った神話の中の人でもある。その人が、質問する誰にでも答えてくれるのである。私より遥かに優れた質問をする人には、遥かに優れた返答をしてくれるに違いない。彼は、全世界の図書館の書庫で、すばらしい質問をされるのを待っているのである。人が死ねば、記憶と言うよりはその人が持っていた神経回路乃至認識装置とそれに組み込まれていた知識は失われる。しかし、その活動の結果は図書館の中に残っている。地層の中の化石のように。その発掘と解読は私にはDNAの痕跡から恐竜を生き返らせるよりは易しいことのように思えるのである。大脳生理学やDNAの知識が無かった人間の発想を図書館の本は保存しておいてくれる。それは後世のフィルターに掛けられた二次情報とは違う次元の可能性を保持している。私は、図書館の本はたとえ現在の利用率が低くても、できるだけ保存しておきたいと考えている。南極の氷は、大気が汚染される以前の空気を持ち運んでいるが故に、ただの氷ではない。それを分析することによって現在の大気が汚染されていく状況を知ることができるのである。南極の氷を保管しておくことの価値は、氷や空気をそのような見方で眺め、そのような分析ができる手段を持った者にしかわからない。そして、人類は何時さらに新しい分析をする能力を獲得し、新しい視点の分析を望むかも知れないのである。たとえ今、我家の冷蔵庫で作った氷と南極の氷との違いを識別する能力はないとしても。
南極にあるのは氷ばかりではない。南極は地球上で最も沢山の隕石が見つかる場所でもある。南極の隕石に因んで、図書館では過去ばかりではなく時には未来さえも垣間見ることができるという話に移らせていただきたい。昨年(1996)の8月、サイエンスに火星からの隕石に生物の痕跡らしきものが見つかったという論文がのった。その論文のインパクトは大きく、すぐさま新聞に報道されたばかりでなく、それをテーマにしたワークショップやシンポジウムがいくつもの学会で開かれ、学術雑誌に特集記事が組まれたりしている。この現象は、一塊の岩石を観察した結果が、時には社会を揺るがす大きなインパクトを与えることがあり得ることを示している。何がそのような騒ぎを起す「原因」なのであろうか。それは、近い将来、火星に生命(生物)が誕生していたかもしれないことを実証する可能性を予感させるからである。アメリカはこの後、直ちに火星に探査機を送り込んだのは御存知の通りである。では、その予感がなぜそのような大きな意味を持ち得るのだろうか。地球に生物がいることは誰でも知っている。だから、火星にだって昔、生物がいたとしても何の不思議もないことであり、騒ぐ方がおかしいと言う人も居るであろう。しかし、太陽系で生物が誕生する可能性があるのは、地球と火星ぐらいしかないといわれている。もし生物の痕跡が実証されたなら、それは何を示唆するのであろうか。現在まで生物の誕生はある種の奇跡といえるほど、確率的には起こり難いこととされてきた。だから生物はかけがえのない貴重な存在と考えられてきたのではなかったか。もし火星と地球の両方に生物が誕生したとするならば、生物は条件さえ揃えば比較的簡単にできてしまう可能性が高いと考えられるようになるのであろう。そして、火星に今生物が居ないことは、まず確実と思われる。それらが確認された時、生物の価値を計る物差しは大きく変るであろう。「地球の生物は貴重なものである。しかし、それは奇跡的に困難な条件を乗り越えて誕生したからではない。生物は簡単にできる。しかし、それは簡単に死滅する。現在、地球に150万種の生物が生き残って居るのは、ほとんど奇跡に近いことである。それが、絶滅するほうが遥かに起りやすいことだから。」とでもなるのであろうか。その答は、誰がどのように問いかけ、それの答えを誰がどのように提供するかによって決まるのであろう。問いかける者と答える者とが、顔を合わせる必要はない。答えている論文は、現在、既に書庫の中で問いかけを待っているのかも知れないのである。この火付け役を果たした論文は、浜松医科大学附属図書館にもあり、誰でも見ることができる。―――と、図書館で私が見た夢の話がつい長くなり過ぎてしまった。
本当は、夢に見る図書館とでもいうお話をさせていただくつもりであった。そこでは、一般論として、電子情報時代の夢のような図書館について話せば良かったのであろうか。電子情報化時代という言葉が、独り歩きを始めてから久しい。近い将来、電子情報化が進んだとき、図書館の存在意義はどのようなものになるのであろうか。図書館は情報の交差点であり続けることができるのだろうか。私は、浜松医科大学附属図書館が情報交通の要衝であり続けるだけでなく、夢も持ち続ける図書館であって欲しいと願っている。私が夢見る図書館とは、夢にも思わなかった新しい夢を利用者に持たせる図書館である。本学の附属図書館が、利用者にどのような夢を提供することができるのだろうか。要求される情報とそれを処理する業務は増え続けている。予算は足りなくなるばかり。今、購読している学術雑誌でさえ継続するのが難しい。図書館が破産する悪夢を見ないで済むのが夢などという夢では、お話しの締めくくりが寂し過ぎる――――。もっと夢を。
参考文献
アリストテレス全集 3 自然学 第2巻第3章  岩波書店 pp.53-59 (1968).
McKay, D. S., Gibson, E. K. Jr., Thomas-Keprta, K. L., Vali, H., Romanek, C. S., Clemett, S. J., Chillier, X. D. F., Maechling, C. R. and Zare, R. N. Search for Past Life on Mars: Possible Relic Biogenic Activity in Martian Meteorite ALH84001. Science, 273: 924-930 (1996).

目次へ
英・仏の大学病院を訪ねて
看護部長 望月茂代
 6月の末、退官される前事務局長をお見送りするため、管理棟前の広場へ出向いたのが、貴重な紙面に拙文を載せることになってしまった。
西陽を受けながら立っていると、図書館の事務官の方が「昨年秋、海外看護事情調査視察に参加されましたネ。その時のことを「ひくまの」に書いてください。」とおっしゃったのである。いかに図書館と無縁な人間であるかは、先方が心得ていらっしゃって、旅行記でいいとのことであったので、簡単に思っていたが、図書館の広報誌「ひくまの」は、図書館のより有効な利用を促進することであり、また図書館の機能について理解を深めていただくために、発刊に至ったと記されている。しかし、幸いにも仰せつかった状況が前述のようなわけですから、思い出しながら進めたいと思います。
平成8年10月22日から10日間、イギリスとフランスの大学病院と1つの民間病院を見学する機会に恵まれました。私たち一行11名がイギリスのヒースロー空港に着いた時は、すでに午後の4時を回っていましたが、とても夕方とは思えないまぶしい陽差しが私たちを迎えてくれました。
最初に見学したMiddlesex病院はロンドン大学総合病院群の中で、ベット数約500床の一番大きな病院です。曲がりくねった廊下、人ひとりが通る程度の螺旋階段、ナイチンゲール病棟といわれる大共同病室があるかと思うと、近代的なICU病室もありました。18床のICUには100名を越える看護系職員が配置され、常に患者1人に看護婦1人が付き添っています。私たちが見学のため入室した折りも、どのベットサイドにも看護婦が吸引をしたり、椅子に掛けて話かけていたり、面会の家族と話をしていたりする様子が見られました。心臓手術は1日4~5例行われ、術後数時間で一般病室へ移動することもめずらしくなく1ケ月を待たないで退院になるそうです。Mlddlesex病院全体では在院日数が9.4日より6.9日へと短縮されたとの説明がありました。これは病院と地域ケアの連携体制が有効に柔軟に役割の調整をしている現れであり、また院内感染対策の向上と、何より「自律」についての考え方が私たちとは根本的に違うのではないかと思います。
市街地にあり、古い建築で、見学中も工事の音がしばしば響いていました。病院の修理・改善は、かえって工事費がかかるのではないかとの質問に、病院の新築には莫大なお金がかかるから困難なことであるが、何よりこの国は古いもの、伝統のあるものを大切にすることに価値があるので、とうてい考えられないとの答えが返ってきました。
ロンドンからパリヘはユーロスターを利用しました。パリの街は非常に整備されています。建物の高さはほぼ均等で、東西南北に走る広い通りの要所には公園などの公的施設を配し、美しい街並みを造りあげ眺めの素晴らしいところでした。
リヨンにあるエドゥアード・エリオ大学病院は病棟が各科ごとに22のパビリオンに点在し、全体で1,500床に看護系職員3,000名がおり、小児、麻酔、手術そして管理の専門看護婦も配置されていました。病室は1人床が原則で、わずかに2人床があり、トイレ・バスはもとより、照明・備品にも気配りを感じました。
しかし、その一方では見学した3病院の看護管理者の悩みは共通して、「欠勤が多いことです。」と話されました。年30日余の年次休暇の消化に加えて、紛2割の欠勤があり、派遣看護婦を受け入れざるを得ないのです。日本の病院では看護職ほどまじめに時間を厳守した勤務をしている部門はないのではないかと思うだけに、欠勤・遅刻が日常茶飯事との話には、バカンスを楽しむ国、おおらかな国民性とはいえ、理解することは困難でした。 見学したいずれの病院でも大変歓迎してくださり、彼女たちの行なっている看護について自信と誇りをもって語ってくれました。私は彼女たちのように看護を伝えることが出来るか疑問ですが、今回の貴重な体験で学んだことを大切にしたいと思います。そして、今後も看護部職員にもますますこのような機会が与えられることを希望いたします

目次へ

シリーズ・二次資料の使い方
インターネットMEDLINE
 今回は、インターネット上で利用できるMEDLINEについて紹介します。インターネットから利用できるMEDLINEはいくつかありますが、その中には無料で利用できるものや有料で利用できるものなど、利用条件は様々です。
ここでは「Health Gate」の中の「Free MEDLINE」を利用してみます。
Health Gate(http://www.healthgate.com/)
 WWWブラウザをたちあげ、Health Gateに接続します。Free MEDLINEの文字をクリックすると、検索条件を入力する画面が表示されます。
MEDLINE
この画面で、Enter search terms: の部分に、検索したいキーワードや著者名、雑誌名などをを入力します。Limit references to:では出版年や言語の選択ができますが、選択できる条件は非常に少ないです。1回に表示する件数を5件・10件・20件など任意に選択します。ここで検索を開始する場合はRetrieve documentsをクリックすると検索が始まります。もう1度入力し直したい場合などは、Reset Formをクリックすると、入力前の状態に戻ります。
検索が完了すると、該当した件数と論文の書誌事項が表示されます。この段階では書誌事項は簡単なものですので、詳しい内容を見たい場合は、その書誌事項をクリックします。もし、複数ある場合は、番号の右側にある□をクリックし、マークを付けます。
MEDLINE2
画面下のRetrieve Selected Referencesをクリックすると、選択した論文のより詳しい内容が表示されます。 ここで、Display~ではなく、Download~を選択すれば、必要な検索情報をダウンロードすることもできます。
MEDLINE3
その他のサービスとして、必要な論文をメールやファックスで注文することもできます。ただし、このサービスは有料です。
注文方法は、表示画面にあるOrder full text~の部分をクリックし、必要事項を入力してオンラインで注文する形になっています。料金や到着までの日数など、詳しいことはネット画面を参照して下さい。
<情報サービス係>
目次へ
図書館からのお知らせ
平成9年度シラバス(教育要項)掲載図書のお知らせ

平成9年度シラバス(教育要項)に掲載されている図書のうち、下記のものを新たに購入しました。どうぞご利用ください。

1.一般教育

(書  名) (著編者等) (出版社) (出版年)
人間と医学 ウルフほか 博品社 1996
芥川龍之介全集1(ちくま文庫)   筑摩書房 1986
生活中国語(カセット共) 張乃方、長谷川寛 評論社 1993
できるExcel 5.0 Windows対応 井芹昌信 インプレス 1997
La France,vous connaissez ? D. Tauzin 白水社 1997
学生のためのカレントメディカルイングリッシュ 飯田恭子 医学書院 1993
ドイツの社会と学生生活 Y. Nobuoka 白水社 1997
Psychology: an introduction 9th ed. C.G.Morris Prentice Hall 1996
Fundamentals of Human Neuropsychology 4th ed. B. Kolb, I.Q.Whishaw W.H. Freeman 1996
Biopsychology 3rd ed. J.P.J.Pinel, Allyn and Bacon   1997
Japan inside out(カセット共) J.Knudsen. Nan'undo  

2.医学科分子病理学

テキスト 菅原 勇 中外医学社 1994
医科分子生物学 3版 村松正実 南江堂 1997
微生物学 緒方幸雄 医学評論社 1996
膜の細胞生物学 W.H. Evans, J.M. Graham 南江堂 1990
アトラスで学ぶ生理学 高田明和 丸善 1996
免疫学の入門 4版 今西二郎 金芳堂 1995
不整脈の診かたと治療 5版 五十嵐正男 医学書院 1984
現代臨床精神医学6版 大熊輝雄 金原出版 1995
必修精神医学2版 笠原嘉ほか 南江堂 1991
病院管理ノート 井上昌彦 日本病院共済会 1994
胸部単純X線診断 林 邦昭、中田 肇 秀潤社 1996
人間の遺伝学入門 今泉洋子 培風館 1994
Diagnosis of Diseases of the Chest 3rd ed. Vol.1-4 R.G. Fraser ほか Saunders 1988-1991

3.看護学科

家族は変わったか 有地 亨 有斐閣 1993
家族の起源 山極寿一 東京大学出版会 1994
おんなたちのスウェーデン(NHKブックス) 岡沢憲芙 日本放送出版協会 1994
母よ嘆くなかれ パール・バック 法政大学出版局 1993
夫婦の親 柳 博雄 三五館 1996
ダウン症の子をもって 正村公宏 新潮社 1983
ぼけた父と歩けぬ母(朝日文庫) 池辺史生 朝日新聞社 1996
看護研究のためのやさしい統計学 内海 滉 医学書院 1995
看護微生物学 内田勝久ほか 医歯薬出版 1993
はじめての看護理論 勝又正直 日総研出版 1995
すぐに役立つ放射線科看護マニュアル 中野 哲 医療科学社 1995
ボディ・イメージと看護 メイブ・ソルター 医学書院 1992
危機介入の理論と実際 ドナ・C・アギュララ 川島書店 1997
看護理論とモデル 2版 ルビー・L・ウェズレイ HBJ出版局 1995
癌・放射線療法 大川智彦 篠原出版 1995
人間と死 エドガール・モラン 法政大学出版局 1992
臨死のまなざし (新潮文庫) 立川昭二 新潮社 1996
臨床検査技術学 1~15 菅野剛史ほか 医学書院 1994-1997
臨床検査のABC 河合 忠、橋本信也 日本医師会 1994
生と死を支える 柏木哲夫 朝日新聞社 1987
家庭で看取る癌患者 川越 厚 メヂカルフレンド社 1991
終末期医療 Ⅱ 大井 玄 弘文堂 1993
最期に死のやすらぎを ラニー・シェイウルスン 草思社 1996
尊厳死を選んだ人びと ヘルガ・クーゼ 講談社 1996
人間らしい死にかた シャーウィン・B・ヌーランド 河出書房新社 1995
死の科学 品川嘉也、松田裕之 光文社 1991
人はなぜ老いるのか レオナード・ヘイフリック 三田出版会 1996
老いの医療 ダニエル・キャラハン 早川書房 1990
クリティカルケアを必要とする人の看護 深谷智恵子 中央法規出版 1996
看護過程に沿ったリハビリテーション看護実践 中村隆一 広川書店 1994
系統看護学講座 基礎1物理学 竹中栄一 医学書院 1996
糖尿病食事療法のための食品交換表 日本糖尿病学会 文光堂 1993
老年者のQOLプログラム S.V.Saxon, M.J. Etten 医歯薬出版 1990
40才からの老いの探検学 上野千鶴子 三省堂 1994
日本の家族はどう変わったのか ニッセイ基礎研究所 NHK出版 1994
保健学講座5 森沢 康ほか メヂカルフレンド社 1997
保健学講座6 南 裕子 メヂカルフレンド社 1997
保健学講座11 鈴木庄亮 メヂカルフレンド社 1997
母性保健概論 松本清一 文光堂 1983
親と子のきずな クラウス、ケネル 医学書院 1985
公衆衛生看護学大系1 平山朝子、宮地文子 日本看護協会出版会 1995
公衆衛生看護学大系6 1995
公衆衛生看護学大系8 1995
セクシュアリティ入門 石浜淳美 メディカ出版 1992
新しい学校保健 杉浦正輝ほか 建白社 1993
新版学校保健概説 高石昌弘 同文書院 1994
公衆衛生を住民の手に   やどかり出版 1995
労働衛生のしおり 平成8年度 労働省労働基準局 中央労働災害防止協会 1996
安全の指標 平成9年度 1997
医療・福祉のマンパワー 川上 武 頸首書房 1991
看護系の統計調査入門 中野正孝 真興交易医書出版部 1988
看護覚え書 ナイチンゲール 現代社 1993
Terminal Illness : a guide to nursing care C.Kemp J.B.Lippincott 1995
Handbook of Palliative care in cancer A.Waller, N.L.Caroline Heinemann 1996
A Guide to Physical Examinaiton and History Taking 6th ed. B.Batesほか Lippincott 1995
Introductory Nursing Care of Adults A.D.Lintonほか W.B.Saunders 1995
Nursing Care of Adults J.P.Smith Blackwell 1995
Nursing Interventions and Clinical Skills M.K. Elkin ほか Mosby 1996



目次へ

平成8年度図書館閲覧統計

目次へ

平成4年度-平成8年度利用統計

最近5年間の利用統計をグラフにしました。平成7年度は看護学科が新設され、入館者数、貸出冊数等、すべて増加に転じ平成8年度も利用の伸びは続いています。また、図書館間相互の文献複写件数は総計で約1,000件増え合計14,238件になりました。|

目次へ

図書館所蔵CD-ROM(平成9年9月現在)のお知らせ
館内の情報端末で下記のCD-ROMが利用できます。利用の際はカウンターに申し込んでCD-ROMを受け取ってください。館内でのみの利用になります。

No. 資料名 収録範囲、発行年等 内容 対応OS
1 医学中央雑誌 CD-ROM版 1978- 国内医学雑誌の抄録 Windows
2 JCR-Journal Citation Reports 1994-1995 インパクトファクター Windows
3 日本の医学会会議録CD-ROM-Database of Medical Conference Proceedings in Japan 1990.1-1995.6 予稿集・抄録集・雑誌掲載会議の書誌情報 Windows
4 厚生省特定疾患研究 平成6年度報告書 31班分を収録 Windows
5 今日の診療 CD-ROM vol.5-6 1995-1996刊 今日の治療指針/診断指針/整形外科治療指針/小児治療指針/検査指針、治療薬マニュアル、救急中毒マニュアル Windows
6 Dr.ROM肺がんを読むvol.1-2(日本語版) 1996刊 肺癌テキスト Mac
7 呼吸器X線像読影シミュレーション-Lung Whisper 1995刊 呼吸器X線テキスト Mac
8 高血圧・心臓病の食事療法 1995刊 高血圧・心臓病テキスト Windows
9 CD-ROM皮膚病診断カラーアトラス-Color Atlas of Diagnostic Dermatology 1996刊 「部位別皮膚病カラーアトラス診断と治療」に準拠 Mac
10 CD-ROMによる医科学フリーソフト 1995刊 診断・治療・教育等のフリーソフト集 Windows
11 医師国家試験必勝CD-ROM 平成8-9年度受験者用-National Examination for Medical Practitioners 平成2-8年度 6年間の問題、解説、解答、写真全科目収録 Windows
12 Microsoft Encarta97-エンサイクロペディア 1997刊 百科事典 Windows
13 130万語大辞典 インタープレス版-英和編・和英編 1996刊 「科学技術35万語大辞典」「新ビジネス18万語大辞典」「バイオ&メディカル大辞典」収録 Windows
14 誰でもわかるWindows95 基礎編、ネットワーク編 1996刊? Windows95利用マニュアル Windows
15 MappleLife パーソナル地図情報データベース 中部 1996刊 日本中部地図 Windows
16 模範六法1997年版 1997刊 六法全書 Windows
17 理科年表CD-ROM 大正14年版ー平成8年度版 「理科年表」累積版 Windows
18 日本の野鳥 1994刊 277種類の野鳥 Windows
19 エルミタージュ美術館1-2- Hermitage Museum   絵画、解説、画家解説 Windows
20 CD Word12か国語電子辞書 1996刊 対象言語:日本語、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、オランダ語、デンマーク語、スウェーデン語、フィンランド語、フランス語、ノルウェー語、中国語 Windows
21 マルチ中国語 1996刊? 中国語発音、会話テキスト Windows
22 Elsevier's Interactive Anatomy. 1993- 解剖断面のアトラス、連続切片の画像を動画で提供、CD-Iでも利用できる Windows
v.1. The Head & Neck. 1,Paranasal Sinuses & Anterior Skull Base 1993刊 " "
v.1. The Head & Neck.2.Temporal Bone & Posterior Cranial Fossa 1994刊 " "
v.1. The Head & Neck.3.The Larynx & Carotid Triangle 1995刊 " "
v.2. Upper limb.1.Shoulder Joint & Axilla 1996刊 " "
23 The Merck Index on CD-ROM. 12th ed. 1996刊 医薬品情報 Windows
24 Methods in Enzymology on CD-Rom:recombinant DNA and Related Methodology 1980-1993 同誌の内18誌をフルテキストで収録 Windows
25 The Etiology of Cancer 1993刊 腫瘍病因テキスト Windows
26 Harrison's Plus, Harrison's CD-ROM 1995刊 Harrison's Principles of Internal Medicine.13th ed.収録 Windows
27 IMED: Mosby's Internal Medicine Rapid Reference 1996刊 Stein's Internal Medicine.4th ed.,Physicians GenRx., 66,000MEDLINE abstracts.収録 Windows
28 Current Practice of Medicine 1996刊 Current Practice of Medicine. 収録 Windows
29 Phenytoin 1937-1995 Phenytoin情報 Windows
30 Pediatric Airway Obstruction 1993刊 小児呼吸器疾患テキスト Mac



目次へ

平成8年度受入視聴覚資料

図書館2階AV室と1階視聴覚室で利用できます。

No. 資料名 資料形態
1 国試ポリクリ・シミユレーション-内科編 Vol.1-4 ビデオ
国試ポリクリ・シミュレーション-臓器別編 Vol.1-3 "
2 Emergency Medical Update "
Vol.1 救急医療トレーニングのための解剖と生理 Pt.1-6 "
Vol.2 自動車事故現場での救急管理 Pt.1-3 "
Vol.3 集団災害での命令体系と救急隊員の役割 Pt.1-2 "
Vol.4 感染症の予防と対策 Pt.1-5 "
Vol.5 気道外傷患者の救急管理 Pt.1-2 "
Vol.6 脊髄損傷患者の救急管理 Pt.1-2 "
Vol.7 心肺蘇生法と異物による気道閉塞の救急管理 Pt.1-2 "
Vol.8 小児の救急管理 Pt.1-2 "
Vol.9 高齢者の救急管理 Pt.1-2 "
Vol.10 チーム治療 Pt.1-3 "
3 ベッドサイドで心臓病患者をどうみる "
Vol.1 臨床に必要な解剖と生理について "
Vol.2 心電図の理解のために "
4 Listening Break-リスニング・ブレイク カセット
5 Culture Watch "
6 Komm mit nach Berlin! "
7 Monsieur et Madame Toulemonde "
8 時事フランス語で読む フランスの四季 "
9 コレクションフランス語 5、7 "
10 基本フランス文600 "
11 アテネ・フランセ 新フランス語講座 "
フランス語の話し方・書き方 "
アテネ・フランセ フランス語入門 "
12 暮らしの中の外国語シリーズ "
生活場面辞典 スペイン語編 "
生活場面辞典 ブラジル ポルトガル語編 "
13 エクスプレス スワヒリ語 "

東海地区大学図書館協議会総会・研究集会を開催
 平成9年度東海地区大学図書館協議会総会・研究集会が去る7月10日、浜松医科大学において開催されました。同協議会は、東海地区の国公私立大学図書館等で構成され、総会には東海地区の国公私立大学等の76加盟館のうち51館から図書館長ら約70人が出席しました。午前の総会では、平成9年度の事業計画及び予算などについて協議し、午後からの研究集会では、藤野幸雄図書館情報大学副学長(附属図書館長)の「図書館の歴史から学ぶもの」と題した講演が行なわれ、活発な意見交換が行われました。
講演の詳細は、図書館ホームページ(http://www.hama-med.ac.jp/index.html)に掲載してありますので、ご覧ください。

目次へ
人事異動
 平成9年4月1日付
新任  図書館長     村上 彰  (生物学・教授)
昇任  目録情報係長   林  哲也  (筑波大学図書館部古典資料係から)

目次へ

浜松医科大学附属図書館報「ひくまの」                   1997年11月4日発行
編集委員:池田 勇、金永 博行、江口 愛子、夏目 雅代、磯部 祥子
発行:浜松医科大学附属図書館 〒431-31 浜松市半田町3600 Tel053-435-2171 Fax053-435-5140