施設案内

ホーム > 病院トップページ > 施設案内 > 女性医師支援センター

女性医師支援センター

ホームページ

女性医師支援センターホームページはこちらです。

最新情報はこちらのホームページをご参照ください。

ごあいさつ

 センター長 戸倉 新樹(皮膚科学講座 教授)

女性医師が結婚、出産、育児を通してどのように働いていくかということは、医療の近代化と伴にずっと課題になっていたと思います。しかし最近の日本での状況を鑑みると、女性医師の占める割合が高くなり、今後さらに増加することが予想され、医療の上では歴史的と言っていい転換期になっています。結婚・出産により育児期に入りますが、この間、女性医師にとってどのように過ごすかということは人生の選択そのものです。もちろん高齢化社会では男性医師も親の介護など大きな問題を抱えて働いている方も多いでしょう。ゆくゆくは男女共同参画という括りで論じなければならないこととしても、女性医師が活躍するためには、多くの支援が必要となります。女性医師支援センターは、その支援を組織化し、効率を挙げ、実質的なものとするための核です。

 一方では女性医師支援は、医師不足の解消という目的もあります。女性医師支援相談窓口設置事業が静岡県の浜松医科大学への補助事業として平成25年から27年まで行われました。子育て中の女性医師は長期休職となることが多く、復帰してもパートタイマーとして働くことが多いのが現状です。特に時間外勤務や夜勤が多い診療科では結婚、出産、育児により現場を去る女性医師が増加しています。出産後の女性医師が医療現場に早期に復帰してもらうことは浜松医科大学、静岡県の医療にとっても重要な課題です。浜松医科大学では「静岡周産期医師長期支援プログラム」を文部科学省の事業として平成21年~25年にかけて行いました。その中で女性医師の復帰支援事業を遂行しましたところ、産休・育児休暇中の女性医師の早期復帰者を増加させることができました。女性医師支援事業継続させ、浜松医科大学を中心に女性医師支援をさらに発展させることが、静岡県全体の医療に貢献すると思われます。出産後早期の職場復帰を実現させ、非常勤医師の常勤化を促す必要があります。

 結婚、出産、育児を通じて女性医師にとって特に重要なものは、復帰条件・勤務形態、子育て支援になります。女性医師支援センターは、復帰条件・勤務形態を決定する部門ではありませんが、女性医師に情報を与え、側方支援することはできます。復帰にとって、情報の集積と発信は大きなツールとなります。県内のどういう病院がどういう条件で女性医師の復帰を行っているか、また勤務形態は斟酌されているか、と言った情報を、最終的にはウェブシステムで得ることができれば、情報収集のための努力を省略することができます。子育て支援についても、認可保育園などの情報収集と発信、センター内での育児のためのスペースの提供、病児病後時保育の運営など重要な役割を担っています。また病院内外において、情報交換や体験談に基づく講演などを企画しており、その情報や成果も提供しています。

 何よりも、同じ問題や悩みを抱える女性医師が頼る場となることが女性医師支援センターの目指すところですので、是非お気軽にご利用下さい。また、みなさまからこのセンターが逆に支援されることも相互方向の昇華になりますので、どうかご協力の程よろしくお願いいたします。

取り組みについて

復職支援

    ・マタニティ白衣のレンタルサービス

    ・ブランクのある女性医師の復職先相談

キャリア支援

    ・キャリアセミナーの開催

    ・各診療科勉強会の開催支援

子育て支援

    ・子どもの預かりについての相談

    ・交流会の開催

啓発活動

    ・講演会・シンポジウム等の開催

情報発信

    ・ホームページ

    ・Facebook

    ・メール発信(ご希望の方はshusanki@hama-med.ac.jpまでご連絡ください。)