診療科案内

脳神経外科

科の責任者と概要

namba

診療責任者 難波宏樹 教授

 脳神経外科は主に脳腫瘍、脳血管障害、頭部外傷などを担当する診療科です。特に大学病院では一般病院に比べ多くの脳腫瘍を治療しますが、救急診療も行いますので脳血管障害の治療例もたくさんあります。脳腫瘍は一般的に髄膜腫、下垂体腺腫、神経鞘腫など良性のものも多いのですが、脳という極めて重要な臓器にできるため良性であっても手術困難で術後に後遺症を残すことも少なくありません。特に大学病院には一般病院ではなかなか治療の困難な脳腫瘍症例が多く紹介されてまいります。このような患者さんの後遺症を最小限にとどめるために当科では手術用顕微鏡とナビゲーションシステムを用いるとともに、徹底した術中神経機能モニタリングを行いながら手術を進めます。必要に応じて術中一時麻酔を浅くして運動機能や言語機能をテストしながら摘出を行ってゆく「覚醒下手術」も行っています。いわゆる悪性腫瘍に関しても、近年放射線化学療法の進歩により治療成績は劇的に向上していますが、悪性グリオーマといわれる一群の腫瘍では未だ必ずしも満足できる結果が得られない場合も多く、今後の課題です。各種手術支援システムを利用することにより最大限の腫瘍摘出に務めるとともに、現在、世界に先駆けて 神経幹細胞や間葉系幹細胞を用いた新しい治療戦略の開発が急ピッチで進められています。当科の特徴の一つとして、「機能的脳神経外科」があります。これは手足や顔面の振るえや痛みを外科的に治療し、患者さんの生活の質を上げる外科治療です。特にパーキンソン病に対する外科治療では当科は国内でも指折りの施設です。また顔面痙攣、三叉神経痛などの治療も数多く手がけてまいりましたし、脊椎・脊髄疾患に対しても積極的に取り組んでいます。

診断・検査・治療について

 脳神経外科疾患の多くはX線CTスキャンまたは核磁気共鳴イメージング(MRI)を用いて診断されます。特にMRIは任意の断面からさまざまな情報が得られ、また脳血管の情報も得られるため極めて有用です。特に脳梗塞急性期ではMRIの検査結果により治療方針が大きく変わることがあります。最近では頭痛やめまいの精密検査の過程で、または脳ドック検査により偶発的に脳腫瘍や脳動脈瘤がみつかる例が増えています。手術をする場合は術前検査として脳血管撮影が行われることがあります。MRIの登場により脊椎脊髄疾患の診断力も飛躍的に向上しました。
   脳腫瘍の治療は基本的に摘出術を行い、組織診断をつけるところから始まります。髄膜腫や下垂体腺腫のような良性腫瘍では手術のみで経過を観察することが多く、手術摘出が困難な部位については最近ではガンマナイフなどの特殊な放射線治療を併用することもあります。神経膠腫(グリオーマ)を中心とする悪性傾向のある脳腫瘍に対しては手術による摘出後、放射線治療や化学療法(主にテモゾロミド)を行います。
 脳動脈瘤は破裂するとくも膜下出血を起こし、1/3~1/2の方が亡くなる恐ろしい病気です。したがって脳ドックなどで脳動脈瘤が発見されたら破裂する前に手術することがすすめられます。手術法は大きく2つあります。脳動脈瘤の柄部を洗濯バサミのようなクリップでつまんで出血しないようにするネック・クリッピングという方法と、頚動脈などの脳動脈瘤の親動脈から接近して、動脈瘤の中をコイルでつめて出血しないようにする血管内手術という方法があります。「未破裂で発見された脳動脈瘤を治療すべきかどうか」、また「治療するならどのような治療法を選択すべきか」など未だ必ずしも結論が出ていない問題もあります。

〔得意とする診断治療〕

  • 脳腫瘍(良性、悪性)、間脳・下垂体腫瘍、脳動脈瘤、脳血管内治療、パーキンソン病、顔面けいれん、三叉神経痛

主な対象疾患

  1. 脳腫瘍(のうしゅよう)
  2. 脳血管障害 (のうけっかんしょうがい)
  3. 機能的脳神経外科(きのうてきのうしんけいげか)

施設認定

  • 日本脳神経外科学会専門医訓練施設
  • 日本脳卒中学会専門医訓練施設