国立大学法人 浜松医科大学


健康社会医学講座

(2017年7月時点)

浜松医科大学健康社会医学講座のホームページへようこそ

 本講座は、静岡県内唯一の医学部である浜松医科大学において公衆衛生、衛生学および疫学の研究・教育を担当するとともに、国や自治体と連携して健康増進活動を行っております。

トピックス

「職域におけるスポーツ活動への参加動機及び継続要因に関する研究」の情報公開文書ポスター

「市町村における大規模自然災害対応に関する研究」の情報公開文書

「ヘリコバクター・ピロリ除菌の成否と患者のライフスタイル及び体質の関連の解明」の情報公開文書

講座の理念と方針

 理念  自分がより成長し、人々の成長を支援する。
 方針  教育、研究、社会貢献について、バランス良く成果を上げる。

研究概要

 人々の健康の確保と疾病・傷害等の予防に貢献するために、公衆衛生学及び疫学に関する様々な教育、研究、社会貢献を行っています。

主な研究内容

  • 日本老年学的評価研究(JAGES:Japan Gerontological Evaluation Study)プロジェクト
  • 健康の社会的決定要因に関する研究
  • 健康寿命に関する研究
  • NIPPON DATA(National Integrated Project for Prospective Observation of Non-communicable Disease And its Trends in the Aged)研究
  • スポーツに関する研究
  • トレーナーに関する研究
  • 女性ホルモン剤と血栓症に関する全国調査
  • 生活習慣病・介護予防などに関するコホート研究
  • 健康危機管理に関する研究(災害ボランティア等)
  • ポピュレーションアプローチ及びソーシャルキャピタルに関する研究
  • 保健行政に関する研究
  • 医療アクセス及び地域医療体制に関する研究
  • 自殺予防及びメンタルヘルスに関する研究
  • 母子保健に関する研究
  • 産業保健に関する研究
  • その他、公衆衛生学、疫学に関する種々の研究